コンテンツ商品の期間の決め方 | シェアマーケティング|お客様の声を活用した集客法

コンテンツ商品の期間の決め方

シェアする

前回の記事のつづきです。

コンテンツ設計については、

・ゴールからの逆算

が、重要だと

お伝えいたしました。

Oさんも

ステップを書き出して

いきました。

小宇佐:

「Oさん、

 ゴールからの逆算し、

 ステップをえがけましたか?」

Oさん:

「はい!

 大きく分けると、

 3つのステップに

 なりました!」

小宇佐:

「いいですね!

 どんなカタチに

 なりましまか?」

Oさん:

「3ヶ月後のゴールは、

 

 自宅サロン開業までに、

 何を行ったらいいのか?が、

 明確になり、具体策まで

 落とし込むことです。

 まず最初のステップで、

 理想のお客様を明確にします。

 次に、本当に自宅サロンを

 開業するのがいいのかを、

 診断します。

 そして、

 具体的な集客方法を学ぶ。

 この3つのステップです。」

小宇佐:

「具体的ですね!」

Oさん:

「ありがとうございます!

 それで、このあとは

 どうしたらいいのでしょうか?」

小宇佐:

「次は、

 それぞれのステップの期間を

 決めてましょう。

 1つのステップごとに、

 だいたいどれくらいの

 期間が必要ですか?」

Oさん:

「そうですね。

 月に1回のセミナーと、

 120分の個別のコンサルティングで、

 フォローしていきます。

 1ヶ月ぐらいですね」

小宇佐:

「では、

 トータルで3ヶ月ですね」

Oさん:

「はい!」

小宇佐:

「できあがりますね!」

Oさん:

「はい!

 商品づくりって、

 すごく大がかりで、

 なにから手をつけていいか、

 わかりませんでした。

 正直、

 私には、

 まだ早いんじゃないか?

 まだできないんじゃないか?

 と、思ってました。

 こうやってやれば、

 できちゃいましたね!」

小宇佐:

「そうなんです。

 商品を作ろうとすると、

 歴史に残る大発明を

 しなければならないくらいに

 難しいものだと

 思い込んでしまう人が

 多いのです。

 

 今回のように、

 順番でやっていけば、

 そんなに難しくないのです」

Oさん:

「ですね!」

小宇佐:

「さあ、

 商品の大枠は

 できました。

 次はどうしましょう?」

Oさん:

「どんどん告知します!」

小宇佐:

「なるほど!

 ちょっと視点を

 変えてみましょう。

 自宅サロン開業サポートを

 行っている人は、

 他にいないでしょうか?」

Oさん:

「考えてませんでした」

小宇佐:

「まずはライバルが

 いるのかどうか?

 チェックしてみる必要が

 ありそうですね。

 もしライバルが

 多いようだったら、

 お客様は、

 Oさんのサービスと、

 ライバルのサービスを、

 比較するのではないでしょうか?

Oさん:

「お客様は、

 比較するでしょうね」

小宇佐:

「もし、お客様に、

 ほかの類似商品との

 違いがよくわからない

 と、思われてしまったら。

 価格だけで、

 比較されてしまうかも

 しれませんね」

Oさん:

「そうですね」

小宇佐:

「ここでもう一度、

 ライバル商品の

 リサーチを

 しておきましょう。

 似たようなコンテンツの

 競合がいたら、

 比較されないような、

 工夫が必要になるでしょうね」

Oさん:

「わかりました。

 リサーチを

 やってみます!」

小宇佐:

「そのうえで、

 Oさんの商品の強みを

 どこに持ってくるか。

 何をウリに打ち出すか。

 決めていきましょう」

Oさん:

「わかりました!」

そしてOさんは、

再度、競合商品の

リサーチをすることに

なりました。

続きます。

bakachinbanar

メールアドレス
名前(姓)
bakachinbanar
起業家・個人事業主、必読!!!
「毎日1分間」で、
クチコミでシゴトの依頼が流れ込むシカケを構築できる、
唯一の無料メール講座です。

バイラルメイク7ステップ

メールアドレス
名前(姓)

シェアする

フォローする