営業という仕事を、寝食を忘れて没頭する遊びに変える方法 | シェアマーケティング|お客様の声を活用した集客法

営業という仕事を、寝食を忘れて没頭する遊びに変える方法

シェアする

クチコミプロデューサー小宇佐です。

働き方ジャーナリストの和久学さんより、

インタビューをお受けいたしました。

営業という仕事を、
寝食を忘れて没頭する遊びに変換する方法

そもそも・・・。


なぜ、今回、
私に依頼がきたのでしょうか?



その理由を、
以下、インタビュー記事より引用します。

−−−

小宇佐さんにご登場いただいたか?
というと・・・。

営業と聞くと大抵の人は飛び込みであったり、
ノルマに追われるであったり、大変な
イメージを持たれる方が多い職種です。

ですが営業も、実は見方や考え方を変えれば
とてもおもしろい、エキサイティングな職種なんです。

小宇佐さんは実際に
営業という仕事を遊びに変えてしまった人です。
しかもその方法は誰にでも実践可能なものなので、
是非その方法、考え方を僕のブログの読者にシェアして
もらって、営業という仕事を好きになる人が
世の中にもっともっと増えて欲しいからです!



なぜ、今回、
このテーマでお届けするか?
というと・・・。

営業とは全ての仕事の基本だからです。
営業は何もお客様にものを売ることだけを
言うのではありません。

例えば会社で何か自分がやりたいことがあって、
社内の人間に自分のやりたい事を説明して
実現させる、これも立派な営業の仕事と言えます。

すべての仕事は必ず営業という要素を含みます。
すなわち、営業を楽しむことができれば、仕事の大半は
楽しむ事ができます。

そして楽しむためには、遊びのように。
これが一番わかりやすいですね。



なぜ、今のタイミングで、
お伝えしたい話題なのか?
というと・・・。

仕事を楽しむため・・・というのが一番の理由ですが、
社会人にとって営業というスキルは今後欠かせなくなってきます。

組織から個人の時代とすでに言われ始めていますが、
個人で事をなす際に、営業というスキルは必須です。

社内と同じく、個人でやりたいことを実現していく為には、
やはり自分で営業をしていく必要があります。

今からでも営業という仕事に対してポジティブな、
前向きな捉え方をしておくべきです。

(ここまで)

−−−

この記事は10,000pvを超え、

多くの方にお読みいただけました。

ぜひ、チェックしてみてください。

営業という仕事を、
寝食を忘れて没頭する遊びに変換する方法

bakachinbanar

メールアドレス
名前(姓)
bakachinbanar
起業家・個人事業主、必読!!!
「毎日1分間」で、
クチコミでシゴトの依頼が流れ込むシカケを構築できる、
唯一の無料メール講座です。

バイラルメイク7ステップ

メールアドレス
名前(姓)

シェアする

フォローする