あえて期待を下げてクチコミを起こすテクニック

あえて期待を下げてクチコミを起こすテクニック

シェアする

人は、

満足度が高い時にクチコミする

のではなく、

期待と現実のギャップが
大きい時にクチコミする

生き物です。

あなたは、
まだ出会っていないお客様に、

「アレもできます。コレもつけます」

と、不必要なほど、
期待を高めていませんか?

期待が低すぎると
来てくれない。

期待を高めすぎると
クチコミされない。

では、どうしたらいいのか?

そのヒントは、
私がちょっと前に通っていた、
近所のカフェにありました。

このカフェは、

ランチを注文の方に、
プチケーキがつきます!

という、おまけをつけ始めたのです。

ある時、ランチを頼んだ、
女性2人組の会話が聞こえてきました。

「ランチのプチケーキ・・・
 ホントにプチだね」

テーブルをのぞくと、
ひとくちサイズで、確かに小さい。

87050756.jpg

この会話を聞いて、
私は、

「ああ、この評判じゃあ、
 きっとこのお店は人気にならないだろう。

 このまま変わらず、
 ほどよく空いててくれたらいいなあ」

と、想っていました。

(店長さん、ごめんなさい。)

しかし、
このお店、私の予想と期待に反して、
徐々に人気になってきたのです・・・!

提供している内容は、
ランチとプチケーキで、
変わりはありません。

なのに、なぜか、
常に満席のお店になっていったのです。

私は、その理由を、
1ヶ月後に知ることになりました。

その理由とは・・・。

何だと想いますか?

正解は・・・。

メニューから、

「メニューから
 『プチケーキサービス』の
 文言を消した」

でした。

プチケーキの存在は、
メニューに記載するのではなく、
店員さんが直接伝えるように
変わっていました。

ランチを頼まれた方には、
こんな風に伝えていました。

「ご来店ありがとうございます。

 今日、新鮮なのが入ったので、
 コレ、店長から特別サービスです」

と、特別感を演出して、
プチケーキを提供するようにしたのです。

この演出の違いによる、
ココロの動きの違い、
お分かりになりますか?

きっとこのお客様は、
お店に好印象を持って帰られるでしょう。

誰かから、
「いいお店ない?」
と、聞かれた時に、
このお店の名前も出るかもしれません。

おさらいしましょう。

人は、

満足度が高い時にクチコミする

のではなく、

期待と現実のギャップが
大きい時にクチコミする

生き物です。

今回のカフェの場合、
プチケーキのことを、
あえてメニューに書かないことで、
最初の期待を下げた。

だから、
期待と現実のギャップが
大きくなったのです。

人を動かすのは、
理論や理屈ではなく感情です。

感情がプラスの方向に動くのは、
思いがけない感動に出会った時です。

感動というのは、
本質を知り、創意工夫をすることで、
生み出すことができるのです。

だからクチコミを起せるのです。

では、このメール講座をお読みの、
あなたが、
クチコミを起こすとしたら、
どこから始めたら良いのか?

キーワードは、

労力よりも生産力を高める

もしも、
小宇佐があなただったら、

「今、すでに自分が持っているもの」

を、活用して、クチコミを起こせないか?

ということを考えます。

実は、
多くの起業家には、

「もうすでに持っていないのに、
 活用していないクチコミのタネ」

があるのです。

きっとあなたにもあります。

そのクチコミのタネとは・・・?

次回に続きます。

bakachinbanar
起業家・個人事業主、必読!!!
「毎日1分間」で、
クチコミでシゴトの依頼が流れ込むシカケを構築できる、
唯一の無料メール講座です。

バイラルメイク7ステップ

メールアドレス
名前(姓)

シェアする

フォローする