2017年は “顧客満足”から“顧客○○”へシフトしよう | Googleでも見つからない!客単価を上げながら高確率でお客様から選ばれるシェアマーケティング

2017年は “顧客満足”から“顧客○○”へシフトしよう

シェアする

私は年内最後のミーティングを終えて、
ようやくお正月モードです。

最近、個別相談を行っていて、
顕著に感じることがあります。

それは、相談に来られる方が、

必要以上に
顧客満足ばかりを意識している

ということです。

この傾向に、
私は継承を鳴らします。

そこで本日は、

2017年は
“顧客満足”から
“顧客○○”へシフトしよう

というテーマをお伝えします。

なぜ、このようにお伝えするかというと、

“顧客満足”ばかりを追究し、
クチコミを起こせない起業家が、
増えてきているように感じるからです。

さらには、

“顧客満足”から“顧客○○”を、
提供できるようになった起業家は、
口コミを獲得できるように
なっているからです。

“顧客○○”

の種明かしの前に、
ちょっとイメージしてみてください。 

あなたにも、
こんな経験はありせんか?

今のスマホはまだ使えるので、
急いで買い換える必要はないのに、
「欲しい」と想い、買ってしまった、

「iphone7」

iphone7-01.jpg

憧れの木村佳乃が使っていると聞き、
今のがまだ残っているのに、
「早く同じものを使いたい」
と想い、買ってしまった

「アルソアクイーンシルバー」

*洗顔用石鹸ですね^^;

 img_0.jpeg

3日前に行ったばかりなのに、
友達に誘われて、
「また行きたい」
と想い、チケットを購入してしまった、

「関ジャニ∞のライブ」

New.png 
いかがでしょうか?

「iphone7」

「アルソアクイーンシルバー」

「関ジャニ∞のライブ」

は、

今すぐ、ないと困るもの

ではありません。 

つまりコレらは、

問題を解決したい

ではなく、

欲を満たしたい

つまり、

喜びを得たい
感動したい

ために買う商品です。

お客様は、

困ったから買う

ではなく、

買いたいから買う

のです。

上記の3つの例に限らず、 

「モノが良くても、
接客が良くないと商品は買わない」
という顧客が増えています。

「モノが普通でも、
接客が良ければ商品を買う」
と言う事例も増えています。

「起業家の想いや生い立ちに、
共感できない場合、
その商品は買わない」
という声も聞きます。

つまり、世の中には、

「心を重視する価値観の人」

が増えているのです(^^)

突き詰めると、

お客様は、

「感動を求めている」

と、言えるでしょう。

にも関わらず、
多くの起業家は、

「困っていませんか?」
「安くしますよ」
「お得ですよ」

などと、ピントのズレた、
お客様が求めていない、
提案を続けてしまっているのですね^^;

ですから私は、

お客様の
問題を解決する、
“顧客満足”

から

お客様に
感動を与える、
“顧客感動”

へ、大きく舵を切ろう!

という想いで、

2017年は
“顧客満足”から
“顧客感動”へシフトしよう

と、お伝えしたいのです。

人は、

感動した時に、
クチコミしたくなる生き物

です。

2016年、
残りわずか。

2017年から、
お客様や、関わる人たちに、

感動を与えまくる

そんな起業家を増やせるように、

クチコミの具体策を
お伝えしていこうと想います(^^)

さて、

2016年に、
フェイスブックで一番再生された動画

は、なんだかご存知ですか?

ペンとか、
アップルとか、
パイナップルのアレじゃないですよ?

2016年に、
フェイスブックで一番再生された動画

についても、

「感動」

が、テーマとなっておりました。

次回は、

2016年に
フェイスブックで一番再生された動画から学ぶ
感動でクチコミを起こす方法

を、お伝えいたします(^^)

bakachinbanar

メールアドレス
名前(姓)
bakachinbanar
起業家・個人事業主、必読!!!
「毎日1分間」で、
クチコミでシゴトの依頼が流れ込むシカケを構築できる、
唯一の無料メール講座です。

バイラルメイク7ステップ

メールアドレス
名前(姓)

シェアする

フォローする