あなたの商品・サービスは、迷わず・悩まず・考えずに申し込みできますか?

あなたの商品・サービスは、迷わず・悩まず・考えずに申し込みできますか?

シェアする

「私はだいじょうぶですよ、はっはっは」

という方ほど、
ちゃんとチェックしておいてください。

本日から、

提供するレッスンは、
3ヶ月連続満員御礼!

「予約が取れないスタジオレッスン」

へと成長させた、

「産後10年でも間に合う!
下腹部-7cmを実現するエクササイズ」
を提供する田中祐子さんの事例

を元に、

感動エピソードを活用して
“3日で満員御礼”を当たり前にする具体策

を、紐解いてまいりますね。

16177829_1210950192275281_5697488335800343766_o.jpg


 

*まだ、
田中さんの感動エピソードを
ご覧になっていない方は、
こちらでご確認ください。

集客が“3日で満員御礼”へ生まれ変わった女性起業家の感動エピソード事例


あなたは、
お客様からの、
商品・サービスの申し込みを、
どのようなカタチで、
受け付けていますか?

電話?

メール?

FAX?

フェイスブックメッセージ?

会った時に口頭で?

申し込みフォーム?

多くの起業家は、
申し込みするゴールを、
複数持っています。

しかし・・・。

このやり方は、
オススメできません。

申し込みできる箇所は、
できるだけひとつに集約すること

を、オススメしています。

なぜなら、

複数箇所で申し込みを受け付けると、
お客様を迷わせてしまう

からです。

あなたは、
購入しようと思った、
気になった商品・サービスがあったのに、

以下のように
申し込みを躊躇した経験がありませんか?

どこから申し込んでいいのか、
迷ってしまう

メールで申し込みしたいのだが、
今、深夜のため、
送っていいのか悩んでしまう

ページによって金額が違い、
どれを申し込めばよいのか考えてしまう

お客様は
申し込む気マンマンなのに、

提供側が不親切なため、
機会を失ってしまう。

私は今でも、
上記の想いをすることがあります。

あなたにも、
一度チェックして欲しいですね。

ですので、

ランディングページ

というページを、用意されることを、
オススメいたします。

ランディングページとは?

一つの商品やサービスを売るための、
縦に長い一枚のWEBページ

のことを言います。

ぜひ、
申し込み専用のページを
用意してみてください。

誤解しないで欲しいのは、

申し込みの箇所を
1箇所にまとめるだけで、

申し込みの箇所にたどり着く流れは、
複数あっていいということです。

キーワードは、

出口はひとつ、入り口は無数

です。

申し込みは、
ランディングページのみで
受け付けますが、

ランディングページに
たどり着く方法は、

フェイスブック

メルマガ

ブログ

PPC広告

名刺交換

検索

フリーペーパー

など、あらゆる手段を使って構いません。

「産後10年でも間に合う!
下腹部-7cmを実現するエクササイズ」
を提供する田中祐子さん

も、私のプロデュースを受ける前は、
複数箇所で申し込みを受けていました。

プロデュース開始後は、

「申し込み希望の方は、
 このページから申し込みをしてください」

と、誘導することで、
お客様を、

迷わず・悩まず・考えず

申し込みしていただけるようになりました(^^)

あなたは、
ランディングページを、
用意していますか?

bakachinbanar
起業家・個人事業主、必読!!!
「毎日1分間」で、
クチコミでシゴトの依頼が流れ込むシカケを構築できる、
唯一の無料メール講座です。

バイラルメイク7ステップ

メールアドレス
名前(姓)

シェアする

フォローする