集客動線のリニューアルコンサル公開〜花沢さんに集客計画のコンサルしてみたパート3〜

花沢さん
花沢さん

いぞのくーーーん!

ウォリお
ウォリお

うぃーーーす!!!建設の花沢さん!

花沢さん
花沢さん

私がこれから実施する「CADオペレーター向けスキル習得プログラム」の集客サポート、いつもありがとうね!

ウォリお
ウォリお

花沢さん自身で集客動線を描きましたね。以下の記事の通り。

花沢さんに集客計画のコンサルしてみた
コミュニティの集客をテーマにコンサルティングした様子を3記事に渡ってお伝えします。今回の記事では、集客の「型」とステップ7つの紹介、そしてステップ1~5の具体例について紹介しています。
花沢さん
花沢さん

そうよ!そのあと、ウェブメディアの役割について教えてもらったわ。

プッシュメディア・プルメディア・SNSの特性を理解して集客動線を最適化する〜花沢さんに集客計画のコンサルしてみたパート2〜
プッシュメディア・プルメディア・SNSの特性を理解して集客動線を最適化する方法を、コミュニティへの集客コンサルティングの模様を交えて具体例とともに紹介しています。
ウォリお
ウォリお

では、今回は、花沢さんが描いた集客動線を見直してみましょう。

花沢さん
花沢さん

よろしくねー!

メディアの役割に応じて集客計画を立てよう

ウォリお
ウォリお

花沢さんが作った動線・メディアをプッシュ・プル・SNSの仕分け作業から始めましょうか。

花沢さん
花沢さん

わかったわ!

ウォリお
ウォリお

花沢さんが描いたのはこちらでしたね。

ウォリお
ウォリお

今プッシュメディアがないですね。先ほど言っていた「LINE公式アカウント」を動線に盛り込みましょうか。

花沢さん
花沢さん

わかったわ!でも、現状、ものすごく登録者数が少ないのよ。

ウォリお
ウォリお

問題ないですよ。じゃープッシュメディアとしてLINE公式アカウント入れましょうね。次にプルメディアですが、YouTubeはプルメディアですよね。

花沢さん
花沢さん

さっきの話だとそうなるわね!

ウォリお
ウォリお

ちなみに、ちょっと聞きたかったんですが、YouTubeはどうやって撮影しているんですか?制作過程を知りたいです。

花沢さん
花沢さん

そうね、以前働いていた会社の時によく聞かれた質問に答える(一問一答)形式で、1本1~2分、長くても5~6分でサクッと見られるものを中心にUPしているわ。

PowerPointで簡単な資料を作って説明したり、必要に応じてソフトを動かしているPC映像を載せたりしているわ。

子育て中のママでもあるので、顔出しはしていないわよ。

ウォリお
ウォリお

なるほど。それならスライドはあるわけですね。

花沢さん
花沢さん

たくさんあるわよ。

ウォリお
ウォリお

喋っている内容はアドリブですか?

花沢さん
花沢さん

そうね。原稿ないわ。講師業で話すのは慣れているしね。

ウォリお
ウォリお

それなら、いい考えがあります!プルメディアとして、「note+YouTube」を活用しましょう。noteはたしかアカウントありましたよね?

花沢さん
花沢さん

あるわよ。アカウント取っただけだけどね。

ウォリお
ウォリお

なぜnoteがいいかというと、3つ理由があります。

花沢さん
花沢さん

はやく教えて!

ウォリお
ウォリお

1つ目の理由は、記事の中にYouTubeを埋め込み機能があること。「動画で見たい方はこちら、記事で読みたい方はこちら」と選択肢を示せるんです。既に作っているスライド画像も記事内に埋め込みできます。

花沢さん
花沢さん

それはいいアイデアね!

ウォリお
ウォリお

2つ目の理由は、noteならカンタンに開設できるから。今、ゼロからブログを作るのは大変ですよね?

花沢さん
花沢さん

そうね!noteならすぐできそうね!

ウォリお
ウォリお

3つ目の理由は、noteにはSNS機能があるから。記事を書いている人とつながれます。しかもハッシュタグ機能があるので、特定のテーマ記事を容易に検索できるんです。

花沢さん
花沢さん

そうなの?知らなかったわ!

ウォリお
ウォリお

SNS機能を活かして、集客に繋げることもできます。これは後ほど解説します。

花沢さん
花沢さん

楽しみね!

ウォリお
ウォリお

動線の話に戻りましょう。基本イメージは、今既に持っているSNSからnote・YouTubeに飛ばして、その後LINE公式アカウントに登録してもらう感じです。

花沢さん
花沢さん

うんうん。イイ感じ!

ウォリお
ウォリお

LINE公式アカウントに登録してもらうとベストですが、今回の企画に関しては、note上でもガンガン告知・募集して、LINE公式アカウントに登録せずに申し込みできる流れがあってもいいですね。

花沢さん
花沢さん

柔軟に考えていいのね!

ウォリお
ウォリお

ここまでの話をまとめて動線を描き、KPIを設定してみましょう。募集する人数が20人。LINE公式アカウントは100人いればいいかな。僕のハンドライティング!こんな感じや!ドーン!

花沢さん
花沢さん

いぞのくん、ずいぶん達筆ね!すごく流れがシンプルになったわ!すごい!

ウォリお
ウォリお

シンプルな流れになりました。明確にイメージできますかね?

花沢さん
花沢さん

流れはすごくイメージできるようになったわ!

ウォリお
ウォリお

流れ「は」っていうと、他に気がかりな点がありますか?

花沢さん
花沢さん

あらやだ!なんで乙女の心がわかるの?もしかして私のこと好きなの?

ウォリお
ウォリお

LINE公式アカウントの読者登録100人に難しさを感じてます?

花沢さん
花沢さん

もしかして私のこと好きなの?

ウォリお
ウォリお

もし読者登録100人に難しさを感じているなら、数字を見直してもいいでしょう。

花沢さん
花沢さん

私のこと好きなの?聞いてる?

ウォリお
ウォリお

100人登録して、実際に申し込む人が何パーセントくらいいるイメージですか?

花沢さん
花沢さん

(わかった!照れてるのね。帽子もシャツも赤くなってるわ!かわいー!)どちらかというと、公式LINEアカウントに登録してくれた人は、ほぼ申込んでくれると思うのよね。

ウォリお
ウォリお

なるほど。公式LINEアカウントでは何を伝える予定ですか?

花沢さん
花沢さん

「3週間で3階建ての建物を作ろう」っていう内容の予定よ。

ウォリお
ウォリお

じゃーそのための連載講座を公式LINEアカウントに登録すると受け取れるよ、というイメージ?

花沢さん
花沢さん

そうそう。

ウォリお
ウォリお

じゃー7記事くらいは書けそうですか?その記事をSNSで共有して読んでもらう、と。

花沢さん
花沢さん

え? ここでいう7記事って、LPに飛ばす用の記事のことで、「はじめてのBIM/CIM21日チャレンジ」の教育コンテンツとは別に作るっていうこと?

ウォリお
ウォリお

いえいえ、内容は同じでもいいんですよ。今回のチャレンジの訴求ポイントは「ひとりで学ぶより、みんなで学んだほうが楽しいよ!」ということですよね?それなら、ひとりで学びたい人はひとりで学んでもらってOKですよね。ただ、コミュニティに入れば、仲間もいるし、花沢さんに質問もできる。大きなメリットですよね。

花沢さん
花沢さん

そう言われてみれば、そうね。ひとりで学びたい人もいるだろうし、ワイワイやりたい人もいるだろうし。でも、学ぶ内容は一緒でいいわよね。

ウォリお
ウォリお

もちろん、フックとして、「コミュニティに入ると、コミュニティ独自のコンテンツもありますよ」というのはアリだと思いますよ。ただ、メインの訴求は「ひとりでやるよりみんなでやったほうが楽しいよ!」ですよね。そこに動機付けするだけでも十分です。

花沢さん
花沢さん

ちなみに、チャレンジとしては、今回のものは無料でやるんだけど、その次に有料コミュニティなどをやるとかそういう話はnoteには書かないほうがいい?

ウォリお
ウォリお

それは、note読者の反応次第かな。次第というのは、あんまり先の言葉を伝えると、読者さんがついてこれないとか、意味不明になってしまうことがあるんですよ。

花沢さん
花沢さん

へー、そういうものなのね。

ウォリお
ウォリお

はい。だから、それは相手の理解レベルに応じて、興味を持った段階で公開するほうが惹きつけが強いです。僕もそのあたりはいろいろ試行錯誤していますよ。「適切なタイミングで適切な情報を出す」のが大切です!

花沢さん
花沢さん

「適切なタイミングで適切な情報を出す」ね。これも覚えておくわ!

ウォリお
ウォリお

その辺はね、僕が言わずとも、もう花沢さんは講師業長くやってらっしゃるから、生徒さんの様子を見て読み取れるんじゃないかな。

花沢さん
花沢さん

確かにね。だてに21年間講師業してないわよ!

ウォリお
ウォリお

頼もしい!

集客計画に目星がついたら、実現可能な数字を描こう

ウォリお
ウォリお

最後に、具体的な集客数値をイメージしやすくするために、noteにはどのくらい花沢さんのチャレンジに興味がありそうな人がいるのか、ボリュームを見てみましょうかね。

花沢さん
花沢さん

なるほど。そうね。気になるわ!

ウォリお
ウォリお

まずは、noteの検索窓から検索してみましょう。

花沢さん
花沢さん

検索?

ウォリお
ウォリお

そうです。自分のビジネスに関係するワードが使われている記事などを見てみるんです。1回「#BIM」って入れて検索してみてください。

花沢さん
花沢さん

あら、思ったより関連ワードも出てくるわね。記事を投稿している人も多そう。

ウォリお
ウォリお

他の気になるワードも調べてみてください。

花沢さん
花沢さん

CAD、CADオペレーター、Revit、建築、建設、あたりかしらね。どれどれ・・・。うん、意外とたくさん!

ウォリお
ウォリお

こうやって実際に自分が検索する側になった気持ちで調べてみるのは大事ですよ。

花沢さん
花沢さん

なるほどねー。うんうん。みんなはこういう記事をnoteに書いているのねー。

ウォリお
ウォリお

情報の発信側、受信側、両方の気持ちになって、気になる記事はどんどん見ていきましょう。

花沢さん
花沢さん

おもしろいわね!私のオリジナルコンテンツも、自信を持ってここで披露していけそうだわ!

ウォリお
ウォリお

よい気付きですね。さぁ、ここで、チャレンジの集客目標は20人。note経由で集められそうな人数のイメージはつきましたか?

花沢さん
花沢さん

うん、思ったほど難しくなく、20人は集まりそうな気がしてきたわ。

ウォリお
ウォリお

noteからLPに100人、LINE公式50人、コミュニティに20人。実現可能な数字として見えてきませんか?

花沢さん
花沢さん

本当ね!無料開催だし、最初のハードルとしては参加者側も高くないと思うから、なんとなく行けそう。

ウォリお
ウォリお

今回1回目ですし、まずは反応を見るという意味でも、noteはプルメディアとして活用するのによさそうですね。

花沢さん
花沢さん

そうね。そして、もともとあるYouTubeチャンネルにも登録者はいるから、そこと合わせれば、20人の集客は十分実現できるわ!

ウォリお
ウォリお

既存のSNSは、余力があるようであれば併せて活用していきましょう。noteにはSNSの機能も備えているので、noteだけでも十分ではありますけどね。

花沢さん
花沢さん

オッケー!

ウォリお
ウォリお

集客計画、どうやらうまくいきそうな雰囲気になりましたね。

メディアの特性を生かした集客計画+具体的な目標数値→集客の成功はすぐそこ!

花沢さん
花沢さん

いぞのくん、今日もキレッキレのアドバイス、ありがとう!

ウォリお
ウォリお

いえいえ、集客計画への不安はなくなりましたか?

花沢さん
花沢さん

ええ。不安はどこかへ吹っ飛んだわ!念のため、復習しておこうかしら。集客計画を立てる前に、まずはメディアの分類と役割を把握するのが大事ね。

分類 役割
プッシュメディア 情報の発信側のタイミングでターゲットに情報を送ることができるメディア メルマガ、LINE公式アカウント(旧:LINE@)
プルメディア 情報の受信側が検索などで自分で情報を探して辿りつくメディア(情報が体系化立ててコンテンツ内に置かれている) ブログ、YouTube
SNS 相互交流のメディア ツイッター、インスタ、Facebook
花沢さん
花沢さん

そして、それぞれのメディアで自分は何を使っていくかを考える。私の場合はプッシュメディアとしてLINE公式アカウント、プルメディアとしてnoteとYouTube。SNSはnoteと既存のものを活用。

ウォリお
ウォリお

いいですね。しっかり理解できていますね。

花沢さん
花沢さん

そして、具体的な集客人数のイメージをするべく、実際に自分で検索してみる。そしたら、私の場合は「noteからLPに100人、LINE公式50人、コミュニティに20人」という数値目標ができあがったわ!

ウォリお
ウォリお

僕のハンドライティング、またまた登場!ほれぼれするなぁー、なんて!

花沢さん、この数字、実現可能な数値として描けていますか?

花沢さん
花沢さん

もちろん!最初の私のイメージだと、いろんなところからたくさん集客しなきゃ・・・と不安で仕方なかったけど、今は元々あるYouTubeとnoteだけに注力すればいいってわかったから、とても安心しているわ。

なな
なな

noteの作成については、私が全面サポートさせていただきます!

花沢さん
花沢さん

ななさん、ありがとうね。いつも頼りになるわ。ウォリおさんの集客サポートにお願いして、本当に良かった!チーム最高!ウォリおさん、これからもよろしくね。集客目標達成に向けて、もうひと頑張りするわー!

ウォリお
ウォリお

一緒に頑張りましょう!

数日後、コンテンツのブラッシュアップがスタート!

花沢さん
花沢さん

いぞのくーん!こないだはありがとう!

ウォリお
ウォリお

うぃーーーす!

花沢さん
花沢さん

発信する動画、撮影してみたわ!

ウォリお
ウォリお

がんばってますね!どれどれ、拝見します!

花沢さん
花沢さん

すごいでしょ。自信作よ!

ウォリお
ウォリお

いいですねー!せっかくのコンテンツですから、伝わるコンテンツに磨き上げると良いですよね。

花沢さん
花沢さん

もちろんよ!アドバイスちょうだい!

ウォリお
ウォリお

わかりました!実は、「講義で伝える順番」と「記事や動画で伝える順番」は、変えたほうが良かったりします。

花沢さん
花沢さん

そうなの・・・?

続きは以下の記事をごらんください。

note記事の添削受けたら伝わりやすさ100倍になった件
花沢さん いぞのぐーん! ウォリお 出た!建設の花沢さん! 花沢さん ホントありがとうーーー! ウォリお 何すか! ...
この記事を書いた人

クチコミプロデューサー。客単価を上げながら高確率でお客様から選ばれる「シェアマーケティング」の開発・提唱者。
個人起業家が取り扱う商品をリニューアル・リポジショニングし、「他では買えない唯一無二の商品」へと生まれ変わらせるビジネスプロデューサー。
早稲田大学人間科学部卒業後、マンションデベロッパー、保険会社を経て、2010年に小宇佐・針田FP事務所を設立。ミサワホーム、トヨタホーム、ライフプラザパートナーズ、船井総研などで、講演実績あり。「住宅マネープランニング」を専門としたクチコミ集客のメソッドを体系化し、2013年は年間398件の相談依頼を受注。趣味は船釣り。

ウォリお(小宇佐拓宏)をフォローする
集客計画
ウォリおブログ
タイトルとURLをコピーしました