絶対に断られないビフォア・アフター写真の依頼方法 | Googleでも見つからない!客単価を上げながら高確率でお客様から選ばれるシェアマーケティング

絶対に断られないビフォア・アフター写真の依頼方法

シェアする

「クチコミを起こすには、
 お客様の声が大切だ。

 お客様の声を集めたい!」

そう考えているにも関わらず・・・。

「お客様の
 ビフォアアフター写真が撮れない」

「お客様に
 どうやって撮影を切り出したらいいかが
 わからない」

こんな相談が、
多く寄せられています。

実際に、寄せられた相談をご紹介いたしますね。

写真撮影をお願いするのを躊躇してしまいます。

寄せられた相談

今後、 美容院に来院いただいたお客さまに、
ビフォーアフターの写真を、
撮らせていただきたいと思っています。

なるべく多くの
ビフォーアフター写真を
撮らせていただきたい。

しかし以前、
私の美容室に来たお客さまに、
こんなことを言われてしまいました・・・。

「私、前の美容室で、
 毎回写真を撮られて、
 すごくイヤだったの!

 ここの美容室は
 そうゆうのがなくていいわね!」

こう言われてしまったので、
お客さまにビフォーアフターの写真を
お願いするのを躊躇してしまいます。

何かいい手は、
ないでしょうか。

美容院経営 Tさん

うまくいかないやり方では、
依頼する人も依頼される人もストレスがたまるばかり

小宇佐の回答

なんだかお客様から、
布石を打たれるカタチになってしまいましたね。

ちゃんと解決できますので、
ごあんしんくださいね。

「お客さまと写真を撮影しよう!」

の取り組み、
とてもいいチャレンジだと思います。

さて、お客さんの写真撮影について。

まず、あなたの、

「当たり前の基準」

をチェックしてみましょう。

もしかしてあなたは、写真撮影は、

快諾してくれたらラッキー

程度のモノだと捉えていませんか?

私の場合は、ちょっと違います。

写真撮影は、

10人に伝えたら10人と撮影するもの

これが、小宇佐の当たり前の基準です。

10人に撮影を依頼して、
ひとりも承諾してくれなかったのあれば。

きっと、やり方が悪かっただけ。

だいじょうぶ、
やり方を学べば良いだけです。

うまくいかない方法を実践し続けていたら、
依頼する側も、依頼される側も、
ストレスがたまるばかりです。

うまくいかないやり方を、
ずっと続けても、
うまくいかない

今回の記事で、
スッキリ解決し、
バッチリ方法を学んでくださいね。

解決の糸口は「何を行うのか」ではなく
「なぜ行うのか」を伝えることにあり

まず、キーワードは、

「何を行うのか」ではなく「なぜ行うのか」

意識すべきポイントは2つです。

・なぜ、お客様は、
 毎回写真を撮られて、
 すごくイヤだったのか?

・なぜ、あなたは、
 ビフォアアフター
 写真を撮りたいのか?

この2つを整理することが重要です。

お客様の気持ちに寄り添ってみよう

そもそも、

・なぜ、お客様は、
 毎回写真を撮られて、
 すごくイヤだったのか?

気になりませんか?

ちょっと想像力を
ふくらませてみましょう。

・写真の写りが
 気に入らなかったのか?

・何の説明もなく、
 写真を撮られたのか?

・お客様のキモチを
 読む努力をせずに、
 ただただ店のプロモーションのために、
 写真を撮影されたのか?

これらの理由が、
合っているかどうかはわかりません。

ただ、いろいろな可能性を、
想定することはできますよね。

さまざまな理由が
考えらはずです。

どんどん洗い出してみましょう。

想像力をふくらませ、
理由を洗い出すことができたら。

実際に、お客様に聞いてみましょう。

次のように聞くなら、
ふつうの会話として聞けるでしょう。

「○○さん、
 前の美容室で、
 毎回写真を撮られて、
 すごくイヤだったんですね。

 でもまた、
 何でそんなに
 イヤな気持ちになったのですか?」

聞いてみることで、
相手のホンネが聞き出せるはずです。

ポイントは、

「お客様の気持ちに寄り添う」

です。

お客様にトコトン与えてみよう

本音を聞き出せたら、

「その理由をなんとか解決してやろう!」

とは、考えないでください。

人は、説得されるのが、
キライな生き物です。

まず意識すべきポイントは、

「写真を撮ること」

による、

「お客さんのメリットは何か?」

を、トコトン考え抜くことです。

ビジネスを行なう上で、
登場人物は三者です。

相手・自分・世の中

です。

「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」

三つの「良し」

売り手と買い手がともに満足し、
また社会貢献もできるのがよい商売であるという、
近江商人の心得でもあります。

つまり、

「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」

が成り立つように、
考えてから行動するのです。

写真撮影で、
だれがトクをするか?

今回の写真撮影のケースを、
整理してみましょう。

もしかしてあなたは、

「ブログに載せるので
 写真撮らせてもらえませんか?」

「顔が写らないようにするので
 写真撮らせてもらえませんか?」

こんなふうに、
お客様に撮影をお願いしていませんか?

これらのお願いのしかたは・・・。

美容院の経営者のメリットばかりが
前に出ていますよね。

これでは、相手のメリットが
盛り込まれていません。

これでは、お客さんは、
快諾してくれないでしょう。

小宇佐だったら・・・。

以下のようなアイデアで、
お客様のへのメリットを提示してみます。

美容院の場合

提案1

うちの美容院では、
ご自身がご自宅で、
「かわいらしいヘアスタイル」
をセットしてもらいたいと思っております。

ただ、口頭で、
私が○○さんに
正しいアレンジのやり方をお伝えしても、
家に帰ったあと、

「自分に似合ったスタイリング」

ができているかどうか、
チェックできませんよね?

チェックできるように、
○○さんの、

「似合うスタイリング」

の写真を撮っておきます。

写真をお送りするので、
家に帰ってから、
この写真を見直して、
ご自身でチェックしてください。

提案2

カットしたあとに、
カットする前の
自分の姿を覚え続けていますか?

カット前とカット後で、
どれだけの髪型の変化があったのか?
どれだけの顔色の変化があったのか?
どれだけの表情の変化があったのか?

ビフォアアフターを
ご自身に見てもらい、
今後のカットの際に、
写真を参考にしてくださいね。

治療院の場合

提案1

うちの治療院では、
ご自身がご自宅で、
「正しい姿勢でい続けること」
を、オススメしております。

ただ、口頭で、
私が○○さんに正しい姿勢をお伝えしても、
家に帰ったあと、

「自分が正しい姿勢」

ができているかどうか、
チェックできませんよね?

チェックできるように、
○○さんの、

「正しい姿勢」

の写真を撮っておきます。

写真をお送りするので、
家に帰ってから、
この写真を見直して、
ご自身でチェックしてください。

提案2

治療を受けている○○さんは、
治療最中のようすを見られないのです。

治療前と治療後で、
どれだけの姿勢の変化があったのか?
どれだけの顔色の変化があったのか?
どれだけの表情の変化があったのか?

ビフォアアフターをご自身に見てもらうために、
写真を撮っておきますね。

提案3

治療前には苦痛だったものが、
治療後にはスッキリします。

治療後、スッキリすると、
治療前に苦痛だったことを忘れてしまいます。

治療前に苦痛だったことを忘れてしまうと、
日々の生活に油断がうまれ、
また再発してしまう人がとても多いのです。

治療前に苦痛だったことを
忘れないようにすることが大切です。

治療前に苦痛だったことを
忘れず、再発を防止するため、
今日という日を記録に残しておきましょう。

記録に残すために、私と一緒に、
写真を撮っておきましょう。

なんなら、この写真を、
ケータイの待ち受けにしておいてください。

この写真を目にすることで、
体のことを意識し続ける生活が送れます。

いかがでしょう?

お客様のメリット

となっているのが、
イメージできますか?

ここまでご理解いただければ、
お客様へ、写真撮影を提案することに対して、
あなたの心理的ブロックは、
なくなるのではないでしょうか。

もし、このように伝えても、
撮影を断られるようならば、
ムリに撮影する必要はないでしょう。

ですからまずは、
上記の伝え方を参考に、

お客様の写真を撮ること

から、スタートさせてみてください。

利益を得たければ与えるのが先

もし、お客様から写真をいただけたら。

そのあとに、こう伝えてみてください。

「○○さん!!!

 この写真・・・すごくキレイですね!

 しかも、変化がすごく伝わります!

 もし、もし、もし、よかったらなのですが・・・。

 メルマガ・ブログ・フェイスブックなどの、
 私のメディアでご紹介させていただいても
 よいでしょうか?

 もし顔出しがNGであれば、
 顔は写らないようにいたします

と、伝えれば・・・。

快諾してくれるかたも多いはずです。

私はこのやり方を活用して、
1回も断られたことはありません。

「返報性の法則」

と言われるように。

人には

「何かを与えてもらったら、
 お返しをしたくなる生き物」

なのです。

あなたが徹底的に与えることを
考え、実践し続ければ。

お客様は、あなたに対して、

「この人のために何かしてあげたい」

と、想ってくれるはずです。

こちらのメリットだけで、
相手にメリットがない提案は、
やめましょう。

「お客様のためになる写真撮影」

をマインドセットして、
どんどんお客様に提案し、
どんどんお客様を豊かにする。

今回の記事が、その一助になれば幸いです。

bakachinbanar

メールアドレス
名前(姓)
bakachinbanar
起業家・個人事業主、必読!!!
「毎日1分間」で、
クチコミでシゴトの依頼が流れ込むシカケを構築できる、
唯一の無料メール講座です。

バイラルメイク7ステップ

メールアドレス
名前(姓)

シェアする

フォローする