学習塾2校の経営者が単価30%アップに踏み切れた理由 | シェアマーケティング|第三者の声を活用した集客法

学習塾2校の経営者が単価30%アップに踏み切れた理由

教室の現場で教鞭を取りながら、
2校の塾経営を行う、超・多忙な中、
なぜ新規ビジネス参入ができたのか?

おはウォリございます。
クチコミプロデューサー
小宇佐(こうさ)です。

愛知県知多郡美浜町と清須市で、
学習塾2校を経営される、
今村塾グループの横井英之さん

27459567_116900495791321_8555765271115922820_n.jpg

2018年3月から新たに、
学習塾経営者向けに
コンサルティングビジネスを
スタートさせます

教室の現場で教鞭を取りながら、
2校の塾経営を行う、超・多忙な中、

なぜ新規ビジネス参入ができたのか?

その秘密は、
経営する2校の学習塾が、

入塾したければ
キャンセル待ちを
しなければならないほど、

集客に困らない、
超・大人気の学習塾となり、

さらには、

客単価(授業料)を30%上げても、その人気が衰えないからです。

今までと同様の労力で
増えた売上の一部を
投資にまわすから、

先生を増やすなど、
生徒の学習環境を改善できそうです。

横井さん自身は、
より深く、より多く、
子どもの可能性を引き出すための、
時間確保ができるようになりました。

なぜ、これだけ人気の
学習塾になったかというと、

答えはとってもシンプル。

入塾した生徒の多くが、

学力を向上させ、
第一志望高校に入学しているから

です。

その数なんと、

107人中
96.2パーセント。

圧倒的な成果を生み出しています。

特筆すべきは
それだけではありません。

生徒たちは
いやいや勉強するのではなく、

自主的に「勉強したい」という
気持ちに変容しています。

ここまで、

横井さんの経営する
塾の素晴らしさを、
小宇佐が語ってまいりましたが、

この学習塾の
素晴らしさを語っているのは、

私だけではありません。

学習塾に通う生徒自身が、
塾の素晴らしさを語っています。

そして、

我が子を塾に通わせる
親御さんまでもが、

この塾の素晴らしさを
語ってくれているのです。

「お客様の声」と「成果事例」を
組み合わせた「第三者の声」で

信用・信頼を高める。

客単価を上げながら
高確率でお客様から選ばれる、
シェアマーケティングを徹底活用し、

新しいビジネススタイルを
手にしたのが横井さんなのです。

ではこの横井さんが、
どのようなお客様の声を
集めているのか?


次回に続きます。

bakachinbanar

メールアドレス
名前(姓)
bakachinbanar
起業家・個人事業主、必読!!!
「毎日1分間」で、
クチコミでシゴトの依頼が流れ込むシカケを構築できる、
唯一の無料メール講座です。

バイラルメイク7ステップ

メールアドレス
名前(姓)

シェアする

フォローする