「第三者の声」を集める7つのメリット

「第三者の声」を集める7つのメリット

おはウォリございます。

クチコミプロデューサー
小宇佐(こうさ)です。

「第三者の声」を集めることで得られる7つのメリットがあります。

さっそくご紹介いたします。

1.検討候補に残れる

例えば、何か、
「メーカーにこだわりがない商品」を、
アマゾンで買おうとした時のことを、
イメージしてみてください。

検索して、
1つ1つの商品の違いを見ていきたい。

しかし、商品を扱う業者が100社以上あった場合、
すべての業者の詳細を見る事は難しいですよね。

業者をさらに絞ることが求められます。

その時、あなたは、何を基準に業者を絞りますか?

私は、レビューの多さで業者を絞り込みます。

つまり、起業家の立場になれば、
第三者の声の数を持っていることが、
検討候補に残ることになるのです。

2.実績の証明となる

あなたが素晴らしい商品・サービスを
持っていたとしましょう。

その良さを自分で語る場合よりも、
「第三者が実際に利用して生まれた成果」を
語ったくれたほうが、聞き手は
信憑性を感じるでしょう。

そして、その声が1件のみの場合よりも、
100件の声があったほうが、
より信憑性を感じるでしょう。

第三者の声の数を持っていれば、
あなたが語らずとも、あなたが語るよりも、
信憑性が生まれます。

なぜなら、「第三者の声」が、
あなたの商品・サービスが優れている証明となるからです。

3.瞬間で信用・信頼される

初めて会った人から信頼・信頼を得るには、
じっくりと時間をかけるしかないと思われていました。

なぜなら、初対面の相手の素性がわからないからです。

(だからこそ、紹介は、
 今も昔も有効な手段です)

共に過ごす時間を重ねることで、
信用・信頼は培われます。

なぜなら、人となりや、仕事ぶりを、
間近で見ることができるからです。

しかしながら、現代では、
時間をかけすぎずとも、
信用・信頼を得ることも可能になってきています。

なぜなら、起業家が、
「第三者の声」を集めることも、
発信することも、容易になってきたからです。

今までの関わってきたお客様たちが、
感動し、大喜びしているようすが記載された
「第三者の声」をたくさん持っていれば、
初めての人からも信用・信頼されやすくなります。

4.他社にとっての参入障壁を持てる

第三者の声を集めるためには、
時間や労力がかかります。

ひとことで言うなら、
「めんどくさい」です。

ただし、「めんどくさい」と感じるのは、
あなただけではありません。

世の中のすべての人にとって、
めんどくさいのです。

(シェアマーケティングでは、
 できるだけ「カンタンに」する方法をお届けします)

つまり、すべての人にとって、
「めんどくさい」と思われていることに、
誰よりも先に着手し、
誰よりもはやく数を集めることができたら。

圧倒的に優位になります。

集めきるまでに時間や労力がかかりますが、
集めた後は、同業他社に真似されづらい、
大いに参入障壁となるでしょう。

インターネットが普及し、
ノウハウが真似されやすい時代においても、
「第三者の声」は真似されないコンテンツとなります。

5.ブランディングになる

今、巷には多くのブランディング手法が溢れています。

どの手法が良い・悪いの議論はさておき、
ブランディングには共通点があります。

それは、
ブランドは「第三者が決める」ということです。

ブランドには、
客観的な根拠はありません。

第三者が、
「あの会社は、あの商品は、あの人は素晴らしい」
と言っていて、その人数が多い場合に、
ブランドとして認められるのです。

6.クチコミされる機会が増える

「第三者の声」を、
お客様の友人・知人の目に触れる場所に設置したら、
どうなるでしょう?

きっと、
「こないだ〇〇をしたんだって?見たよ!」
「こないだ〇〇に行ったんだって?どうだった?」
という会話が自然発生するのは容易に想像できます。

「第三者の声」自体がクチコミ情報なのですが、
その声を人の目に触れる場所に設置することで、
さらなるクチコミを生み出します。

7.「○○件の○○をした」がそのまま肩書きになる

情報洪水時代の今、ふつうの発信をしていたら、
人の目に止まらず、存在を認知してもらえません。

だから、多くの人は、
「どう伝えたらいいのか?」と、
伝え方や、コピーライディングをばかりを学び、
人に見てもらおうとします。

しかし、同時に、
ライバルも同じことを学びます。

すると、どんどん、
「伝え方競争」に陥り、疲弊してしまいます。

「第三者の声」を誰よりも多く持っていれば、
この競争から抜け出せます。

なぜなら「〇〇件の〇〇をした」の実績が、
そのままあなたの肩書きに使うことができるからです。

以上、
「第三者の声」を集める7つのメリット
を、お伝えしました。

逆に、集めない時、
こんな機会損失を生むかもしれません。

「第三者の声」を集めない時の7つの機会損失

数の集め方まとめ

bakachinbanar

メールアドレス
名前(姓)
bakachinbanar
起業家・個人事業主、必読!!!
「毎日1分間」で、
クチコミでシゴトの依頼が流れ込むシカケを構築できる、
唯一の無料メール講座です。

バイラルメイク7ステップ

メールアドレス
名前(姓)