今までお客様の気持ちに寄り添いきれてなかったんだ!「シェアマーケティングセミナー」お客様の声 | Googleでも見つからない!客単価を上げながら高確率でお客様から選ばれるシェアマーケティング

今までお客様の気持ちに寄り添いきれてなかったんだ!「シェアマーケティングセミナー」お客様の声

シェアする

お客さまの声「シェアマーケティングセミナー」

 
USPナビゲーター土居恵利子さんより

セミナーを受講しようと思ったきっかけ

私の参加している、USPプロデューサー鉾立由紀さんが主宰する
TheSUMMITにて、小宇佐さんの講義を受けられる
チャンスをいただき、

今回受講することができました。

実は私は3年前から小宇佐さんのメルマガを読んでおり、
口コミ集客を軸とした起業家プロデュースで
実績を多々残されていることを知っていたので、

どんなお話が聞けるのだろうと、
当日を心待ちにして参加致しました。

受講前に抱えていた問題点

今回はシェアマーケティングという新しい
マーケティングについての講義ということで、
「お客様の声」がキーポイントになることは
事前に調べて把握はしていました。

私は日々、Facebook広告のコンサルティングを
個人起業家の方に行わせて頂いています。

その中でもちろん私も「お客様の声」は頂いています。

ですが、届いたお客様の声に感動するということが少なく、
(もちろん頂けるだけでもありがたいのですが)

どうしたら、欲しい「お客様の声」が
頂けるのだろう。

と、悩んでいました。

受講後に解決できたこと

講義の中で小宇佐さんがおっしゃったことは

「自分が欲しいお客様の声をいただけるほどの、
 商品・サービスに、なっているでしょうか?」

ということでした。

この言葉を聞いて、「はっ」としました。

どうすれば欲しいお客様の声がもらえるのか?
という私の悩みは自分のことしか考えておらず、

お客様の気持ちに寄り添っていなかったんだ。
ということに気づいたからです。

もちろん商品・サービス内容に自信はあるのですが、
お客様に、伝わっていなければ、
ただの一人相撲。

意味がありませんよね。

私が伝えたかったことは
お客様に伝わっているだろうか?
きちんと、
お客様の腹に落とし込んで
もらえてるんだろうか?

と、いつも気になっているものの、
「伝わったかどうかは、
目に見えないものだから、
計測できないなぁ。」
とも思っていたのです。

ですが、なんと!

私の考えは違っていました!

お客様に伝わっていたかどうかの、
その答は「お客様の声」という
目に見えるカタチで戻ってくるのです。

感動するお客様の声が届かないということは、
私が感動を与えきれてなかったのか!!

と、気づくことができました。

小宇佐拓宏はどんな人だったか

とても、あたたかい方です。
 
ウォーリーの格好をされていて、
明るくて、お話しやすい方。
と、いうことは、
写真を見たらみなさんも
わかるんじゃないでしょうか?
 
 
ですが、
パっと見の明るい印象にプラスして、
深みがあるところに、
小宇佐さんの魅力があると私は感じます。
 
実際にお会いして
お話していただくと
そのことを肌で感じます。
 
 
講義が終わるころには、
知らない間に
受講した私達の意識が高まっていました。

どんな人にオススメか

小宇佐さんのシェアマーケティングを
取り入れたら、

口コミが、
”ご近所さんやお友達レベル”じゃなくて、
日本中、・・・もしかしたら
世界中でも起こるってことじゃない?!

と、想像し、心踊ってます^^

とはいえ、
お客様の声をもらった経験のある方なら
おわかりかと思いますが・・・
 
1つの、お声を頂くまでの道のりは、
決してラクなものではありません。
 
 
だからこそ、
 
「自分の商品やサービスで
救いたいお客様がたくさんいるんだ!」
「たくさんのお客様に
感動をお届けするんだ!」
 
という熱い「志」をお持ちの
起業家の方にオススメです。
 
 
ご自身の商品・サービスを思う存分広め、
ホンモノの起業家として、
お客様から選ばれ続けるチャンスです!
 
 
私は早速、自分の「お客様の声」の
頂き方を改善し、
まずは100件の声を集めることに向けて動いています。
 
小宇佐さん、講義ありがとうございました!
次にお会いする時には、100件集まりましたよ!
 
という良いご報告を致しますね^^

bakachinbanar

メールアドレス
名前(姓)
bakachinbanar
起業家・個人事業主、必読!!!
「毎日1分間」で、
クチコミでシゴトの依頼が流れ込むシカケを構築できる、
唯一の無料メール講座です。

バイラルメイク7ステップ

メールアドレス
名前(姓)

シェアする

フォローする