「目標月商30万円」では行き詰まる理由

月商100万円を目指すのは、
私利・私欲のためではありません。

 

 

おはウォリございます。
クチコミプロデューサー
小宇佐拓宏(こうさたくひろ)です。

 
 
初めて私の相談に来る人の中には、
 
「まずは月商10万円を目指します」
 
「サラリーマン時代と同じ、
 月商30万円が売り上げられたら最高です」
 
「30万円の売り上げが達成できたら、
 100万円を目指します」
 
こう語ってくださる方も多いものです。
 
 
 
 
私は、こうアドバイスしています。
 
 

小宇佐

「起業間もないからこそ、
 まず、月商100万円を目指すのです。

 そうしなければ、
 ずっと集客はラクにならないし、
 時間の切り売りから抜け出せないですよ」

と。
 
 
この記事では、
 
「目標月商30万円」では行き詰まる理由
 
を、お伝えします。
 
 
 
 
まず、理解していただきたいのは、
 
給与と事業所得は違いです。
 
 
 
 
お勤めの場合、
 
給料をもらったら、
税金や社会保険料を引かれて、
残りは手取りとして受け取れます。
 
会社の家賃や文房具、
交通費や研修費は、
会社が負担してくれますよね。
 
 
 
一方、自営業の場合、
 
売り上げを上げた中から、
経費の支払いが必要になってきます。
 
 
30万円売り上げても、
各種経費を差し引いたら、
15万円くらいしか残らないことが多いです。
 
 
この15万円から、
税金や社会保険料を引かれたら、
10万円くらいしか残らない。
 
 
コレでは、
バイトやパートと変わらない金額です。
 
 
 
「私は、月10万円でも、
 自分の好きな時間で、
 好きなように働けるからそれでいいの」
 
と考える方もいるでしょう。
 
 
 
ただし、起業家・事業主として、
独立・自営でやっていく以上、
 
提供した商品・サービスの返品リスクや、
トラブルやクレームに対する責任も発生します。
 
 
 
多くのリスクを抱えて、
得られる手取りが月10万円では、
 
「割に合わない」
 
私は、そう想うのです。
 
 
 
 
 
「月商100万円を目指そう」

と、提案するのは、

「大きく稼ごうぜ!」
「ビッグになろうぜ!」
「見返してやろうぜ!」

など、
他者からの羨望のまなざしを、
受け取って欲しいワケではありません。

起業家・事業主として、

安定的に事業を継続し、
お客様に長くビジネスを提供するために

資金繰りにばかり悩むことなく、
常にお客様のことを豊かにすることに、
思考をめぐらせられる、ゆとりを得るために

書籍や研修に自己投資し、学び、
お客様に提供できる価値を高めるために

「月商100万円くらいあったほうが、
 お客様の役に立てると想いませんか?」

と、提案しているだけなのです。

 
 
 
 
 
では、どうやって、
 
「月商100万円」
 
の青写真を描き、
実現を目指すのか?
 
こちらの記事で解説いたします。
The following two tabs change content below.

小宇佐 拓宏

クチコミプロデューサー。客単価を上げながら高確率でお客様から選ばれる「シェアマーケティング」の開発・提唱者。 個人起業家が取り扱う商品をリニューアル・リポジショニングし、「他では買えない唯一無二の商品」へと生まれ変わらせるビジネスプロデューサー。 早稲田大学人間科学部卒業後、マンションデベロッパー、保険会社を経て、2010年に小宇佐・針田FP事務所を設立。ミサワホーム、トヨタホーム、ライフプラザパートナーズ、船井総研などで、講演実績あり。「住宅マネープランニング」を専門としたクチコミ集客のメソッドを体系化し、2013年は年間398件の相談依頼を受注。 趣味は船釣り。現在は名古屋と横浜のデュアルライフを送っている。
bakachinbanar
起業家・個人事業主、必読!!!
「毎日1分間」で、
クチコミでシゴトの依頼が流れ込むシカケを構築できる、
唯一の無料メール講座です。

バイラルメイク7ステップ

メールアドレス
名前(姓)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする