「お客様の声」って「もらうべきもの」ではなく「お客様がしゃべりたくて仕方ないもの」だったのか!「シェアマーケティングセミナー」お客様の声

クチコミプロデューサー小宇佐です。

「お客様の声を集めよう!」というと、
「あー、やっぱり集める『べき』だよね」
「わー、やっぱり集め『ねば』ならない」
というように、義務感にさいなまれる方も多いものです。

そんな方には、少しだけ、
視点や発想を変えてみて欲しいと願っています。

「お客様の声を集める」と、考えずとも、
「お客様が語りたくて、しゃべりたくて仕方ない状態」
に、なったとしたら、自然とお客様の声が集まりませんか?

私が提唱する「シェアマーケティング」のベースコンセプトは、
「お客様がしゃべらずにいられないほどの感動を生み出そう」です。

この点を理解していないと、
お客様の声集めが、ただの辛い作業になってしまいます。

逆に、この点を理解していれば、
お客様の声集めが、楽しくなるハズなんです。

「シェアマーケティングセミナー」に参加された、
「おひとりさま介護」を心底楽しめる自分改革術
介護プレジャーヒーリング開発者の中條マキコさんも、
この点をカンチガイされていたようです。

まずは、中條さんのお客様の声をご覧くださいね。

(ここから)

一番納得したのは、
お客様の声が、お客様自身
言わずにはいられないものである、
ということでした。

もちろんそういう感想が
いただきたいなぁと思いながらも、
今までは「書いてもらう」という意識、つまり
感想を書く、ということがお客さまに何か
面倒なことをさせたり、
わざわざ褒めてもらうことのような気がしていたのです。

マーケティングという言葉は
「お金儲け」というギラギラしたイメージを持ち
敬遠してしまう人が多いけれど、
お客様との関係性を最高のものにするための
コミュニケーション術なのだと
思えるようになりました。

「絶対受けたほうがいいよ」という
お客様の声をいただけることをめざして、
自分の提供する商品を、
お客様に本当に心から喜んでいただけるものに
していきたいと思います。

マーケティングってただのお金儲けための方法でしょ?
と思っている人は、絶対に
受けたほうがいいセミナーだと思います。

(ここまで)

あの手この手でお客様の声を集めるより、
「お客様がしゃべらずにいられないほどの感動を生み出そう」

そのためのコンセプトは、
「買えないモノを創る」
「買えない人の役に立つ」

つまり、
「自分だけのオリジナルビジネスで勝負しようよ」
ってことなんです。

「自分だけのオリジナルビジネス」を生み出す方法は、
こちらをチェックしてみてくださいね。

【保存版まとめ】自分だけのオリジナルビジネスを生み出す方法

The following two tabs change content below.

小宇佐 拓宏

クチコミプロデューサー。客単価を上げながら高確率でお客様から選ばれる「シェアマーケティング」の開発・提唱者。 個人起業家が取り扱う商品をリニューアル・リポジショニングし、「他では買えない唯一無二の商品」へと生まれ変わらせるビジネスプロデューサー。 早稲田大学人間科学部卒業後、マンションデベロッパー、保険会社を経て、2010年に小宇佐・針田FP事務所を設立。ミサワホーム、トヨタホーム、ライフプラザパートナーズ、船井総研などで、講演実績あり。「住宅マネープランニング」を専門としたクチコミ集客のメソッドを体系化し、2013年は年間398件の相談依頼を受注。 趣味は船釣り。現在は名古屋と横浜のデュアルライフを送っている。