「お姉ちゃん、もう妊娠なんていやだ」共感されクチコミされるエピソードのつくりかた

こんな相談をいただきました。

 

質問

 

「私のあとから独立した仲間が、
 交流会に行くたびに、
 どんどんファンを増やしています

 何か秘密があるのでしょうか?

 

 

回答

 

きっと、秘密がありますね。

 

まず、

「人はどんな時にファンになるのか?」

考えてみましょう。

 

人は、
「共感」した時にファンになります。

 

そして、人は、
「なに」に、ではなく、
「なぜ」に、共感する生き物です。

 

ですから、きっと、
短期間で、
ファンを創れている人は、

「なぜ、そのシゴトをやっているのか」

端的に相手に伝わっているのでしょう。

 

 

端的に相手に伝わる方法は、

共感されるエピソード

を持つことです。

 

 

独立されたお仲間も、
きっと、共感されるエピソードを
持っているのではないでしょうか。

 

 

そこで本日は、

共感されクチコミされる
エピソードのつくりかた

をお伝えいたします。

 

 

続きは、こちらからご覧くださいね

 

「お姉ちゃん、もう妊娠なんていやだ」共感されクチコミされるエピソードのつくりかた【起業家の悩み9】
「共感され、クチコミされるストーリー」を構築し、 3ヶ月で10.4倍の、売上を実現できた、 アロマサロン経営者の事例をお伝えしています。 妊娠・出産で苦しむ人のために、 アロマで体本来のコンディションを 整えてもらいたい というテーマを、 Oさんの 勝負するポジション に、しました。 そして、 むくみ・腰痛・妊娠線 妊婦の悩みを70分で解消! マタニティアロマトリートメント という 「3秒で共感され、 15秒でシゴトにつながる セルフプロモーション」 を作成しました。 そしてストーリーを作成するため、 インタビューを重ね、 ついにストーリーが完成しました。
The following two tabs change content below.

ウォリお(小宇佐拓宏)

クチコミプロデューサー。客単価を上げながら高確率でお客様から選ばれる「シェアマーケティング」の開発・提唱者。 個人起業家が取り扱う商品をリニューアル・リポジショニングし、「他では買えない唯一無二の商品」へと生まれ変わらせるビジネスプロデューサー。 早稲田大学人間科学部卒業後、マンションデベロッパー、保険会社を経て、2010年に小宇佐・針田FP事務所を設立。ミサワホーム、トヨタホーム、ライフプラザパートナーズ、船井総研などで、講演実績あり。「住宅マネープランニング」を専門としたクチコミ集客のメソッドを体系化し、2013年は年間398件の相談依頼を受注。趣味は船釣り。
タイトルとURLをコピーしました