時代遅れのビジネスを提供していませんか?

東日本大震災をきっかけに、
フェイスブックの便利さが
認知されはじめました。

おはウォリございます。
バイラルメイクプロデューサー
小宇佐拓宏(こうさたくひろ)です。

たった一瞬、ワンクリックで、

つながっている人に、
伝えたい情報を
一気に拡散・共有できる

「シェアのチカラ」

を徹底活用すれば、
ビジネスでも、
大きな成果を生み出せます。

しかも、

個人でも
少予算でも
短期間でも

できてしまうのです。

今の時代、
個人がこんなにビジネスを
起こしやすい・やりやすいにも関わらず、

もったいない状態になっている
起業家を見かけます。

ビジネスとは、
欲を満たし、
問題を解決すること。

*詳細は以下の記事をチェックしてください

【重要】起業家が絶対に外せない「ビジネスを成立させる必要十分条件」

その価値を提供して、
対価としてお金という道具をいただく。

つまり、
価値と価値との交換です。

では、今の時代、
どんな価値が求められているのでしょうか?

歴史を紐解くと、
その答えが見えてきます。

人類は長い間、
飢えと戦ってきました。

この時期、
米・麦・野菜が、
重宝されました。

農業の時代
そう呼ぶことにしましょう。

その後、
農業革命が起こり、

a0226578_825132.jpg

農作物が量産できるようになり、
長期保存ができるようになりました。

人間は飢えることがなくなってきたのです。

その一方、
農業かかる人手は、
少なくて済むようになりました。

次に訪れたのは、
モノの時代です。

車、服、家が重宝されました。

そして産業革命が起こり、
量産できるようになりました。

clip.jpg

その一方、
腕のいい職人は、
機械に取って代わられました。

次に訪れたのは、
情報の時代です。

情報が重宝されましたし、
情報を持つビジネスが勝ちました。

私が大学生だったころ、
大学3年生の10月に、
勝手にリクルート社から、
企業の採用案内情報が大量に送られてきました。

タウンページ3冊分くらいあったと記憶してます。

そして、IT革命が起こりました。

windows95.jpg

ホームページ制作、SEOのスキルが、
求められるました。

その結果、
情報は容易に手に入るようになりました。

あなたや私、
私たちが過ごしている
今、ココです。

今後、どうなっていくのか?

今後は、

共感の時代

になるでしょう。

すでになりつつあります。

感情、感動、気づき。

今、機械にはできないことが、
重宝される。

今、人にしかできないことが、
重宝される。

私たちは、

「共感に価値が生まれる時代」

にいるのです。

振り返ってみると、
時代が変わり、
求められるモノが変わっていると、
気づかれたでしょう。

にも関わらず・・・。

今の時代に、

時代遅れの価値ばかりを
提供している起業家

が目につきます。

ただのモノを売っていませんか?

ただの情報・ノウハウ・スキルを
売っていませんか?

時代が変わり、
求められるモノが変わっているんです。

感情、感動、気づきが重宝される。

だから、

「共感の達人になろう!」

私は、声を大にして、
そう言いたいのですね。

では、

共感(感情、感動、気づき)を即・発信し
お金をかけずに瞬時に多くの人に届けるには、
どうしたらよいのか?

その方法が

「シェア」

なのです。

すでにこの流れに気づいている企業は、
時代の流れに合わせたプロモーションで、
大きな成果を手にしています。

どんな成果を手にしているのか?

次回に続きます。

The following two tabs change content below.

小宇佐 拓宏

クチコミプロデューサー。客単価を上げながら高確率でお客様から選ばれる「シェアマーケティング」の開発・提唱者。 個人起業家が取り扱う商品をリニューアル・リポジショニングし、「他では買えない唯一無二の商品」へと生まれ変わらせるビジネスプロデューサー。 早稲田大学人間科学部卒業後、マンションデベロッパー、保険会社を経て、2010年に小宇佐・針田FP事務所を設立。ミサワホーム、トヨタホーム、ライフプラザパートナーズ、船井総研などで、講演実績あり。「住宅マネープランニング」を専門としたクチコミ集客のメソッドを体系化し、2013年は年間398件の相談依頼を受注。 趣味は船釣り。現在は名古屋と横浜のデュアルライフを送っている。
bakachinbanar
起業家・個人事業主、必読!!!
「毎日1分間」で、
クチコミでシゴトの依頼が流れ込むシカケを構築できる、
唯一の無料メール講座です。

バイラルメイク7ステップ

メールアドレス
名前(姓)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする