【起業家の悩みその12】ハンドメイド作品の非常識な単価設定方法

売上というのは、

売上=単価×数×リピート

という公式で分解されます。

100万円
○○×○○×○○

を満たす数式は無数にあります。

100万円
=100万円
×1人×1回

100万円
=1万円
×100人×1回

100万円
=1,000円
×100人×10回

など、無数にあるワケです。

あなたは、
どのように、

100万円=○○×○○×○○

の数字を埋めますか?

私が発行する
メール講座の読者さんからは、
こんな返信をいただきました。

(ここから)

メルマガ拝見いたしました。
私が販売している
商品平均単価が約5,000円です。

リピートゼロから順に考えてみました。

100万=5,000円×200人×1回
100万=5,000円×100人×2回
100万=5,000円×75人×3回
100万=5,000円×50人×4回…

月に3〜4回リピートするとは思えないのですが…
しかも50人以上もの方が。

となると、2点購入してもらうと考えて…

100万=10,000円×100人×1回
100万=10,000円×50人×2回

単価を上げた方が効率が良い気がします。

50人や100人もの
お客様にご購入していただく為に、
自ブランド(商品)を
もっと知ってもらわないとですね。。

宣伝…

と、考えてしまいます。。。

(ここまで)

もし、小宇佐だったら・・・。

単価をもっと大きくすること

を考えます。

100万=100,000円×10人×1回
100万=200,000円×5人×1回

とかですね。

つまり、

100,000円とか、
200,000円の商品を創造する

のです。

あなたは、

「え、
 そんな高い商品が
 ホントに売れるの?」

と、想われましたか?

私は、

あることを軸に考えれば、
きっと売れる

と、考えます。

あること

とは・・・?

次回に続きます。

The following two tabs change content below.

小宇佐 拓宏

クチコミプロデューサー。客単価を上げながら高確率でお客様から選ばれる「シェアマーケティング」の開発・提唱者。 個人起業家が取り扱う商品をリニューアル・リポジショニングし、「他では買えない唯一無二の商品」へと生まれ変わらせるビジネスプロデューサー。 早稲田大学人間科学部卒業後、マンションデベロッパー、保険会社を経て、2010年に小宇佐・針田FP事務所を設立。ミサワホーム、トヨタホーム、ライフプラザパートナーズ、船井総研などで、講演実績あり。「住宅マネープランニング」を専門としたクチコミ集客のメソッドを体系化し、2013年は年間398件の相談依頼を受注。 趣味は船釣り。現在は名古屋と横浜のデュアルライフを送っている。
bakachinbanar
起業家・個人事業主、必読!!!
「毎日1分間」で、
クチコミでシゴトの依頼が流れ込むシカケを構築できる、
唯一の無料メール講座です。

バイラルメイク7ステップ

メールアドレス
名前(姓)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする