「SNSでネタになるか?」を判断基準に行動していませんか? | シェアマーケティング|お客様の声を活用した集客法

「SNSでネタになるか?」を判断基準に行動していませんか?

シェアする

おはウォリございます。
バイラルメイクプロデューサー
小宇佐拓宏(こうさたくひろ)です。

ゴールデンウィーク、
どのようにお過ごしでしょうか?

私は、
イタリアンレストランに
行ってきました。

自分の舌が納得するお店を、
ようやく見つけて、
先日家族を連れていったんですね。

こんな料理の数々。

まるごとワタリガニの
トマトクリームパスタ

IMG_5422.JPG 

自家製ベーコンと
アーモンドのバジルピザ

IMG_5447.JPG 

三河一色漁港より
本日鮮魚のポワレ

IMG_5446.JPG 

大・満・足!!!

でした(^^)

帰りの車中で長男に、
こう聞いたんです。

「何が一番おいしかった?」

そうしたら、
こう答えたんですね。

「ロールパン!!!」

オーーーイっつ!!!

ツッコミたいキモチをおさえ、
帰路につきました。

子どもって、
想定外の答えをくれるから、
いつも刺激的ですよね。

さて、
フェイスブックでも、
みなさんのGWのようすが、
バンバンアップされていますよね。

帰省されている方。
家族でアソビに行く方。
ココぞとシゴトに没頭されている方。

過ごし方は様々ですが、
アップされる投稿には、

「ある傾向」

が見られます。

その傾向とは・・・。

「写真映えする投稿が多い」

ってことです。

例えば、あなたも、
こんな経験ありませんか?

パンケーキを食べたいと想った時。

行きつけのお店を選ぶのではなく、
最近オープンして行列ができている、
話題のお店を選ぶ。

そして、
パンケーキの写真を撮り、
一緒に行った友達と2ショット写真を撮り、
レビュー付きでフェイスブックにアップする。

気づけば世の中は、
自分が食べたいかどうかで選ぶより、
SNSでネタになるかが、
判断基準になる時代になっているんですよね。

日常を魅せるように、
意識的に考動している。

日常が観られていると、
無意識的に感じている。

そんな時代なのです。

なぜ、
こんな時代になったのかというと、

モノも、情報もあふれ、
スマホで世界発信できる時代に
なったからです。

なぜ人は、
日常のようすを投稿するのか?

人は本来、共感したい生き物。

喜びを共有すれば、
喜びは倍になる。

悲しみを共有すれば、
悲しみは半分になる。

そんなことを、
本能で知っているからです。

時代は常に変わっています。

だからこそ、

変化を嘆き、
過去を懐かしむのではなく。

時代の変化を楽しみ、
時代の変化に合った一手を打つことが、
起業家の醍醐味です。

では、
SNSでネタになるかが、
判断基準になる時代に、

起業家は何を意識し、
どんな一手を打てば、

お客様や世の中に
重宝されるのでしょうか?

次回に続きます。

bakachinbanar
起業家・個人事業主、必読!!!
「毎日1分間」で、
クチコミでシゴトの依頼が流れ込むシカケを構築できる、
唯一の無料メール講座です。

バイラルメイク7ステップ

メールアドレス
名前(姓)

シェアする

フォローする