【格言解説】ドリルを買う人が欲しいのは「穴」である | シェアマーケティング|お客様の声を活用した集客法

【格言解説】ドリルを買う人が欲しいのは「穴」である

シェアする

「痩せるために、 
 トレーングをやっている」

ではなく、

「人生のターニングポイントを作るために、 
 トレーニングという手段を活用している」

 

おはウォリございます。
クチコミプロデューサー
小宇佐拓宏(こうさたくひろ)です。 

客単価を上げながら、
お客様から高確率で選ばれるために、
「お客様の声を活用できている企業」
の事例を紹介しています。

ご自身でパーソナルトレーナーとして活躍する傍ら、
 
完全マンツーマンのプライベートジム、
ターニングポイントを全国で9店舗経営される
成瀬貴之さん。
 
 
13567159_1024001407684007_6069710894689449191_n.jpg
 
 
 
 
5,000人以上の肉体改造を行い、
脱落者0という驚異的な成果を叩き出しています。
 
 
 
この成瀬さん、実は私、小宇佐は、
5年前から面識がありました。
 
マンションの一室をスタジオとして、
1店舗のみで運営していた当時からの急成長。
 
 
 
その急成長の秘密は何か?
 
 
  
 
 
その秘密を探るべく、
インタビューを行ってまいりました。
 
 
IMG_0978.jpg
 
  

成瀬さんのインタビュー内で、
印象的だったのは、

「痩せるために、 
 トレーングをやっている」

ではなく、

「人生のターニングポイントを作るために、 
 トレーニングという手段を活用している」

の言葉。

ココに、大きなクチコミのヒントがありそうです。

このヒントを、あなたに、
置き換えていただくためのキーワードは、

「ドリルを買う人が欲しいのは『穴』である」

の、格言。

1968年に出版されたT・レビット博士の著書
「マーケティング発想法」の冒頭に出てきます。

「ドリルを買う人が欲しいのは『穴』である」

という格言が出てきます。

レオ・マックギブナという人の言葉を
レビット博士が著書の中で紹介したものです。

起業家がブログを書くのは、
アクセス数を増やしたいからではなく、
専門家として、認知され、信頼されたいから。

起業家がメルマガを書くのは、
読者を増やしたいからではなく、
専門家として、相談や問い合わせを受けたいから。

こういったことは、
言われれば気づくのですが、
日々の現場では、目先の目標ばかりにとらわれがちです。

アクセスアップや、読者数の増加。

これらは売上を創るための「手段ひとつ」であり、
「目的」ではないはずです。

これを思い出させてくれるのが、

「ドリルを買う人が欲しいのは『穴』である」

という格言です。

ターニングポイントの成瀬さんも、

「痩せるために、 
 トレーングをやっている」

ではなく、

「人生のターニングポイントを作るために、 
 トレーニングという手段を活用している」

ワケです。

小宇佐も、

「集客サポートのために
 コンサルティングを行っている」

ではなく、

「全力で挑戦し続ける人生を
 歩み・歩ませるために、
 起業を通じて人生をプロデュースしている」

のです。

あなたは、
何を目的に、商品・サービスを提供していますか?

次回に続きます。

bakachinbanar

メールアドレス
名前(姓)
bakachinbanar
起業家・個人事業主、必読!!!
「毎日1分間」で、
クチコミでシゴトの依頼が流れ込むシカケを構築できる、
唯一の無料メール講座です。

バイラルメイク7ステップ

メールアドレス
名前(姓)

シェアする

フォローする