ひとり治療院にSEO対策をオススメしない理由

ひとり治療院には、
SEO対策に注力しすぎるのは、
オススメいたしません。

  

 

おはウォリございます。

クチコミプロデューサー
小宇佐拓宏
(こうさたくひろ)です。

 

さて、先日から、新連載、

シェアマーケティング
クチコミサイト攻略術(仮)

を、スタートさせています。

  

 

お客様が治療院を探す時、
まずは検索をしてみる。

起業家・事業主が
集客したいのであれば、

お客様に先回りして準備

しておけばよいのです。

 

 

つまり、

1.広告で上位表示させる

2.グーグルマップで
上位表示させる

3.クチコミサイトで
上位表示させる

4.自社治療院のサイトで
上位表示させる

ことを、検討するための、
ステップを解説しています。

1.広告で上位表示させる  

2.グーグルマップで
上位表示させる

を、前回解説しました。

順番だと、次は

3.クチコミサイトで
上位表示させる

なのですが、先に、

4.自社治療院のサイトで
上位表示させる

を解説したほうが、
理解が深まると考えますので、
こちらから説明します。

4.自社治療院のサイトで
上位表示させる

そのためには、どうしたらいいのか?

・グーグル広告のことを良く知る

・良記事を量産する

この2つが、攻略への道です。

 

いわゆる、
SEO対策の世界ですね。

この世界も、多くの治療院が、

「うちの治療院を上位に、
 うちの治療院を上位に!」

と、しのぎを削っている世界ですが、

良記事を量産する

は、ぜひ、
チャレンジして欲しいです。

なぜなら、

多くのライバルが、
めんどくさがって、
実際にやらないから

です。

あなたの専門分野、

例えば、
猫背だったり、耳鳴り、肩こりなど。

コレらの原因や、
改善方法のメカニズムを、
ブログやホームページに記載する。

お客様がその記事を読むことで、
あなたへの
信用・信頼が深まり、

「あなたにお願いしたい」

そんなキモチを掻き立てる。

コレは、スバラシイことですので、
ぜひ、やっていただきたいです。

 

ただし、知っておいて欲しいのは、

お客様の心理

です。

仮に、コツコツ記事を量産し、
SEO対策が
うまくいったとしましょう。

きっと、あなたの、
ブログ・ホームページは、
アクセスが増えるでしょう。

それ自体は好ましいのですが、あなたに
忘れないでいただきいのは、

お客様の心理

です。

どこか1社の
ホームページを見たあとに、

お客様は、何を感じ、
どんな行動をするか?

小宇佐がお客様だったら、

「他も見てみたい」

「比べてみたい」

って想います。

 

なぜなら、

「失敗したくない」

からです。

一昔前、治療院の良し悪しは、

自分が実際に行ってみるか、
属人的なクチコミでしか、

判断できませんでした。

今は、

情報があふれる時代、
情報が容易に手に入る時代

なんです。

だからこそ、

容易に比較できるし、
比較したいと考える

のです。

あなたも、
きっとそうではないでしょうか?

つまり、

SEOでグーグルの上位に
表示されるのは大事。

 

けれども、

その後、お客様は

「他とも比べたい」

というキモチを持っていて、
そのキモチに基づいて行動する。

そのことは、
ココまでお読みのあなたには、

ぜひ、忘れないで欲しいのです。

ちょっと長くなってきましたので、
次回に続きます。

「はやく続きを知りたい」

という方は、個別相談に、
聞きにきてくださいね(^^)

The following two tabs change content below.

小宇佐 拓宏

クチコミプロデューサー。客単価を上げながら高確率でお客様から選ばれる「シェアマーケティング」の開発・提唱者。 個人起業家が取り扱う商品をリニューアル・リポジショニングし、「他では買えない唯一無二の商品」へと生まれ変わらせるビジネスプロデューサー。 早稲田大学人間科学部卒業後、マンションデベロッパー、保険会社を経て、2010年に小宇佐・針田FP事務所を設立。ミサワホーム、トヨタホーム、ライフプラザパートナーズ、船井総研などで、講演実績あり。「住宅マネープランニング」を専門としたクチコミ集客のメソッドを体系化し、2013年は年間398件の相談依頼を受注。 趣味は船釣り。現在は名古屋と横浜のデュアルライフを送っている。
bakachinbanar
起業家・個人事業主、必読!!!
「毎日1分間」で、
クチコミでシゴトの依頼が流れ込むシカケを構築できる、
唯一の無料メール講座です。

バイラルメイク7ステップ

メールアドレス
名前(姓)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする