第2四半期最高のスタートを切る方法

起業家論

今日は、2017年3月31日です。

 

 

おはウォリございます。
バイラルメイクプロデューサー
小宇佐拓宏(こうさたくひろ)です。

 

 

 

2017年の、
4分の1が過ぎたことになります。

1月から今日まで、あっという間ですよね!

 

 

私は固定給を卒業して、
はや12年が経ちます。

人事異動や転勤がありませんので、
うっかりすると、年度感覚がなくなります^^;

 

ですので、自ら、
4半期を意識するようにしています。

 

 

1月は新年スタート
4月は新年度スタート
7月は法人新年度スタート
10月は今年のラストスパート

このようにするため、
法人は6月末締めとしました。

 

 

2017年、最初の四半期。

できたこともたくさんありますが、
できなかったこともありました。

「この上なくやり切れた!」
「後悔ばかりが残る」

いろんな感情が入り混じりますね。

 

 

あなたは、
いかがですか?

 

さて、あなたに、
ひとつご提案です。

 

今日1日だけは、
最高の日にしませんか?

あと3時間は、
最高の時間にしませんか?

 

そうしたら、
今日という日が、
第1四半期が、
最高のカタチで終えられます。

最高の終わりは、
最高の始まりにつながります。

今日が変われば、
明日からのスタートが変わるのですね(^^)

 

 

では、最高の終わりをするために、
何をしたらよいか?

 

 

1月から3月の間にやり残したことを、
何かひとつでも構いません。

今から、やり切ってみませんか?

 

どんなに大きくみえることも、
小さなことの積み重ねでできています。

 

今まで、

「ま、明日でいっか」

と、先送りしていたものを、
今日中に終わらせてみる。

 

このチャレンジが、

今日1日を、
最高の日にしてくれます。

 

第1四半期が、
最高のカタチで終えられます。

 

 

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね!

The following two tabs change content below.

ウォリお(小宇佐拓宏)

クチコミプロデューサー。客単価を上げながら高確率でお客様から選ばれる「シェアマーケティング」の開発・提唱者。 個人起業家が取り扱う商品をリニューアル・リポジショニングし、「他では買えない唯一無二の商品」へと生まれ変わらせるビジネスプロデューサー。 早稲田大学人間科学部卒業後、マンションデベロッパー、保険会社を経て、2010年に小宇佐・針田FP事務所を設立。ミサワホーム、トヨタホーム、ライフプラザパートナーズ、船井総研などで、講演実績あり。「住宅マネープランニング」を専門としたクチコミ集客のメソッドを体系化し、2013年は年間398件の相談依頼を受注。趣味は船釣り。
タイトルとURLをコピーしました