「お客様の声」3つの集め方

おはウォリございます。

クチコミプロデューサー
小宇佐(こうさ)です。

どうやって、
「お客様の声」を、
実際に集めたらよいのか?

「お客様の声」を、
集める場合の例で、
解説をいたします。

1.サービス提供後に、その場で書いてもらう

商品・サービス提供後に、
その場で書いてもらいましょう。

その際には、
記入用紙とお客様の声のサンプルを用意しましょう。

2.サービス提供後に、その場でインタビューする

商品・サービス提供後に、
インタビューしましょう。

可能であれば、
動画も撮影できるとベターです。

質問事項を、あらかじめお客様に伝えておくと、
お客様は答えやすくなるでしょう。

3.サービス提供をして後日メールで送ってもらう

商品・サービス提供後に、
お客様の声の書き方を渡し(メール送付でも可)、
後日、メールで送ってもらいましょう。

期日を設定することが重要です。

また、それぞれのもらい方については、
メリット・デメリットがありますので、
ご自身にあった方法をお選びください。

  その場で書いてもらう

その場でインタビュー

後日メールでもらう
その場の時間 時間がかかる  時間がかかる  時間がかからない
回収までの時間 即回収 即回収 即回収 
回収の確実性  必ず回収できる 必ず回収できる  必ず回収できる
声のクオリティ 相手の文章力次第 質問力次第 相手の文章力次第
声活用のしやすさ 入力作業が必要 文字起こしが必要  文字データを使える
声の信憑性  直筆画像の信憑性 動画の信憑性

2ショット写真信憑性

また、

「どんな声をもらったらいいのか?」

に、ついては、
こちらのテキストに記載しております。

bakachinbanar

メールアドレス
名前(姓)

また、集めたいのは、
お客様の声だけではありません。

コレらを集めておくと良いでしょう。

「第三者の声」を成立させるために集めるべき3つのもの

「お客様の声」数の集め方まとめ

The following two tabs change content below.

小宇佐 拓宏

クチコミプロデューサー。客単価を上げながら高確率でお客様から選ばれる「シェアマーケティング」の開発・提唱者。 個人起業家が取り扱う商品をリニューアル・リポジショニングし、「他では買えない唯一無二の商品」へと生まれ変わらせるビジネスプロデューサー。 早稲田大学人間科学部卒業後、マンションデベロッパー、保険会社を経て、2010年に小宇佐・針田FP事務所を設立。ミサワホーム、トヨタホーム、ライフプラザパートナーズ、船井総研などで、講演実績あり。「住宅マネープランニング」を専門としたクチコミ集客のメソッドを体系化し、2013年は年間398件の相談依頼を受注。 趣味は船釣り。現在は名古屋と横浜のデュアルライフを送っている。
bakachinbanar
起業家・個人事業主、必読!!!
「毎日1分間」で、
クチコミでシゴトの依頼が流れ込むシカケを構築できる、
唯一の無料メール講座です。

バイラルメイク7ステップ

メールアドレス
名前(姓)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする