濱田岳に学ぶ満員御礼のワザ

理由の3つ目は、知ってもらう努力をほとんどしていなかったからです。

改善ポイント3:認知されていなかった

この写真をご覧ください。

キャラクターを思い浮かべてから、先を読み進めてくださいね。

そうです。

金ちゃんですね。

この俳優さん、濱田岳(はまだがく)さんと、いいます。auのcmで、スッカリおなじみですね。

今、この方を、知らない人を探すほうが、難しいのではないでしょうか。
この「三太郎」シリーズが人気の、【KDDI/au】は、2016年度CM好感度、2年連続2連覇で年間1位の座を獲得しました。

*それまでは、ソフトバンクが8連覇していました。

今でこそお茶の間でおなじみですが、この「三太郎」シリーズは、始まってまだ2年しか経っていないのですね。

ではなぜ、まだ2年しか経っていないのに、これだけ、お茶の間に浸透したのか?

その答えはシンプルです。「多く目に触れたから」です。

テレビのCM
街中のauショップ
電車の広告

などなど、あなたも、あらゆるところで目にしているはずです。覚えようと意識していたわけじゃないけど、気づいたら、覚えてしまっていた。あなたも、きっとそうでしょう。目に触れる機会が多かったから、覚えてしまっていた。これは、起業家の集客にも、置き換えられることです。

多く露出しなければ、覚えてもらえないし、知ってもらえないのです。

この田中さん。

一番最初に、新プログラムの募集をした時、満員御礼になるまでに、14日間かかっていました。

なぜなら、

プログラムの告知を、フェイスブックで一回投稿したっきりで、その後7日間何もしていなかったからでした。

11月11日(金)に1回目の告知を行い、
お客様が集まらなかったのは、

内容が悪いのではなく、
値段が高いのではなく、
場所が遠いのではなく、

ただ、体験会の存在を知られていなかったそれだけだったのです。

このことに気づいた田中さん。

11月18日(金)

から、再度告知をスタートさせました。

そして、そこから7日間で満員御礼となりました。

「集客がうまくいかない」という方の多くは、「人に知ってもらうほど、露出を高める努力をやりきっていない」ということがあります。

どれだけの人に見てもらえばいいかというのは、前回の記事で定めた、

ランディングページへのアクセス数

が、目標数値となるでしょう。

露出・認知を高める動きは、やみくもに行っても、成果につながりにくいものです。

売れる起業家・売れ続ける起業家は、実践しながら、PDCAを行い、結果を記録に残しています。

具体策はこちらの記事をご覧ください。

募集開始後に毎日改善したいランディングページのポイント
理由の4つ目は、 ランディングページを毎日改善していなかった からです。 改善ポイント4:LPを改善していなかった あなたは、ランディングページを作成し、集客をスタートさせたあとに、どのくらいのペースで、改善を行っていますか? ま...
この記事を書いた人

クチコミプロデューサー。客単価を上げながら高確率でお客様から選ばれる「シェアマーケティング」の開発・提唱者。
個人起業家が取り扱う商品をリニューアル・リポジショニングし、「他では買えない唯一無二の商品」へと生まれ変わらせるビジネスプロデューサー。
早稲田大学人間科学部卒業後、マンションデベロッパー、保険会社を経て、2010年に小宇佐・針田FP事務所を設立。ミサワホーム、トヨタホーム、ライフプラザパートナーズ、船井総研などで、講演実績あり。「住宅マネープランニング」を専門としたクチコミ集客のメソッドを体系化し、2013年は年間398件の相談依頼を受注。趣味は船釣り。

ウォリお(小宇佐拓宏)をフォローする
成果が実証済みの集客アイデア集
ウォリおブログ
タイトルとURLをコピーしました