募集開始後に毎日改善したいランディングページのポイント

理由の4つ目は、

ランディングページを毎日改善していなかった

からです。

改善ポイント4:LPを改善していなかった

あなたは、ランディングページを作成し、集客をスタートさせたあとに、どのくらいのペースで、改善を行っていますか?

まったく行っていない?
月に1回でしょうか?
週に1回でしょうか?

集客をスタートさせたあと、ランディングページの改善は、毎日行いましょう。

なぜなら、ブログ・メルマガフェイスブックなどの、ウェブメディアというのは、

即・反応がわかる

からです。

ランディングページの中の、

タイトルを変えたら、申込率が上がった。
画像を変えたら、申込率が上がった。
文章を変えたら、申込率が上がった。

と、いうように、即・反応がわかるのですね。

だからこそ、ランディングページの改善毎日行うのです。

そもそも、ビジネスの世界において、やる前からわかっている正解のは、存在しません。

存在するのは、正解であろう打ち手です。

だからこそ、

どんどん改善の手を打ち、反応が悪かったら改善し、反応が良かったら継続することを、繰り返していくしかないのです。

具体例でお知らせします。

今は、

「産後10年でも間に合う!
下腹部-7cmを実現するエクササイズ」

というタイトルの前は、別の名前でした。

最初は、

産後45歳までに知っておきたい
ウエスト-7cmを実現するエクササイズ

というタイトルだったのです。

この段階での、ある日のデータは、

ランディングページのアクセス数16人
↓申し込み率0%
申し込み数0人

でした。

このタイトルで、フェイスブックで募集をかけたところ、こんなコメントやメッセージが寄せられました。

「私、まだ32歳ですが、参加できませんか?」

「45歳まで」と絞ると、該当の人しか集まらないイメージがあります。

実際は、そんなことはありません。

体験会で得られるモノが明確であれば、読み手は自ら、年齢や条件の壁を、乗り越えようとしてくれるのです。

問い合わせが多かったため、体験会のタイトルを変えました。

変えたタイトルは、

産後10年でも間に合う
ウエスト-7cmを実現するエクササイズ

といったものでした。

改善を行ったあと、ある日のデータは、

ランディングページのアクセス数10人
↓申し込み率20%
申し込み数2人

となり、申込率が格段に上がりました。

すると、今後は、こんなメッセージが寄せられました。

「ウエストよりも、もうちょっと下の、下腹部が気になるんです・・・」

そこで、さらにタイトルを変えました。

産後10年でも間に合う
下腹部-7cmを実現するエクササイズ

改善を行ったあと、ある日のデータは、

ランディングページの
アクセス数13人
↓申し込み率30.7%
申し込み数4人

となり、申込率が格段に上がりました。

もし、それでもうまくいかなかったら。問題の原因は、こんなところにあるかもしれません。

フェイスブックで集客できない「3つのあるある」
「フェイスブックで集客しよう!」 と、想った際に、 自分のタイムラインに投稿するだけ。 イベント告知グループに投稿するだけ。 イベント招待機能で無作為に招待するだけ。 コレでは集客できません。 その理由の5つ目は...
この記事を書いた人

クチコミプロデューサー。客単価を上げながら高確率でお客様から選ばれる「シェアマーケティング」の開発・提唱者。
個人起業家が取り扱う商品をリニューアル・リポジショニングし、「他では買えない唯一無二の商品」へと生まれ変わらせるビジネスプロデューサー。
早稲田大学人間科学部卒業後、マンションデベロッパー、保険会社を経て、2010年に小宇佐・針田FP事務所を設立。ミサワホーム、トヨタホーム、ライフプラザパートナーズ、船井総研などで、講演実績あり。「住宅マネープランニング」を専門としたクチコミ集客のメソッドを体系化し、2013年は年間398件の相談依頼を受注。趣味は船釣り。

ウォリお(小宇佐拓宏)をフォローする
ランディングページ
ウォリおブログ
タイトルとURLをコピーしました