【Q&A】自分は何をする為に生まれて来たのか?適職は何なのか?

読者のみなさんから、

多数の相談を

お寄せいただいています。

ご質問に回答していこうとおもいます。

——consultation(相談)——

自分は何をする為に生まれて来たのか?

適職は何なのか?

それが解るような方法があれば、

教えてほしいです。

——answer(回答)——

この相談は、とても多いです。

まず、意識していただきたいのは、

適職は見つけるものではなく、

探し続けるもの

だと、とらえてみては

いかがでしょうか?

「今、行っているビジネスが、

100%自分に合っているもので、

これ以上の適職は、

絶対に存在しない」

と、言い切れる人は、

いるのでしょうか?

いるとしても、

ほんの僅かでしょう。

そして、

「自分にとって適職は何か?」

ということばかりを考えていて、

どんどん時間ばかり過ぎてしまう。

こういう方も多いです。

ビジネスにとって重要なのは、

「お客様の問題解決」

です。

「適職がどうか?」

ということばかりに、

こだわりすぎないことも、

ひとつの考え方では

ないのでしょうか。

そうはいっても、

「適職に近いものを

 見つけ出したい」

と思うでしょうから、

手がかりをお伝えします。

今の自分に至るまでに、
人生には
転機があったはず

だということです。

にも関わらず、
これまで自分が
やってきたことは、

過去のもの

として、
すっかり忘れて
しまっているのです。

「適職に近いものを探す」

ためには、
過去の自分を掘り下げ、

現在に至るまでの
ストーリー

を語ることが
重要なのです。

詳細は、以下のバックナンバーを、

参考にしてみてください。

———

2.○○○○しか考えないから

クチコミされなかった

見た人・聞いた人・読んだ人を魅了し、会う人会う人に「私も施述を受けたいです!」と、言わしめた大島さんのエピソード。 どうやって作り、どんなものができたのか? 今回の記事で、共感されクチコミを生み出す、アロマセラピストの感動エピソード作成事例をご覧くださいね。 3ヶ月で売上10.4倍、101万円を売り上げたアロ...

———

 
あなたの過去に、
どのような

「転機」

がありましたか?

The following two tabs change content below.

小宇佐 拓宏

クチコミプロデューサー。客単価を上げながら高確率でお客様から選ばれる「シェアマーケティング」の開発・提唱者。 個人起業家が取り扱う商品をリニューアル・リポジショニングし、「他では買えない唯一無二の商品」へと生まれ変わらせるビジネスプロデューサー。 早稲田大学人間科学部卒業後、マンションデベロッパー、保険会社を経て、2010年に小宇佐・針田FP事務所を設立。ミサワホーム、トヨタホーム、ライフプラザパートナーズ、船井総研などで、講演実績あり。「住宅マネープランニング」を専門としたクチコミ集客のメソッドを体系化し、2013年は年間398件の相談依頼を受注。 趣味は船釣り。現在は名古屋と横浜のデュアルライフを送っている。
bakachinbanar
起業家・個人事業主、必読!!!
「毎日1分間」で、
クチコミでシゴトの依頼が流れ込むシカケを構築できる、
唯一の無料メール講座です。

バイラルメイク7ステップ

メールアドレス
名前(姓)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする