「コツコツやります」その努力ではモノになりません【シェアマケ講座Vol.1547】 | シェアマーケティング|お客様の声を活用した集客法

「コツコツやります」その努力ではモノになりません【シェアマケ講座Vol.1547】

シェアする

ビジネスにおいて、「コツコツやります」では、
「0円の価値」にしか、ならないことがあります。

 

 

おはウォリございます。
クチコミプロデューサー
小宇佐拓宏(こうさたくひろ)です。

「ビジネスにはスピードが大事」

と言うと、
一定の確率で、こう返ってきます。

「スピードが大事なのはわかるけど、
私には小さい子どもがいるので、
自分のペースでコツコツやります」

何か習いごとを行うのであったり、
ボランティア活動を行うのであれば、

「コツコツやります」

でもいいかもしれません。

しかし、ビジネスにおいて、

「コツコツやります」

では、

「0円の価値」

にしか、
ならないことがあります。

今日は、

集客で悩む起業家の5つのカンチガイ

4.行うべきtodoのスピードが間違っている

を、お伝えいたしますね。

たとえ話でお伝えいたします。

2012年5月21日、
何があった日だか、
覚えていますか?

この日の早朝、
日本中のあらゆる所で多くの人が、
太陽を眺めた、あの日です。

そう、金環日食の日です。

kinkanmoon.jpg
ニュースやユーストリームなどでも
日食の様子が映し出され、
まさに国内中が
天体ショーフィーバーとなりました。

あなたも実際に、
金環日食を眺めたのではないでしょうか?

金環日食を眺めるためには、

「あるもの」

が、必要でした。

それは、

「金環日食グラス」

人々は、

「金環日食グラス」

を片手に、太陽を眺めていたのです。

kinkan.jpg

さて、この金環日食グラスを、
ビジネスの観点から見てみましょう。

2012年5月21日以前、
金環日食グラスは、
バカ売れしていました。

日食グラスを販売した
「ビクセン」という会社では、
このフィーバーに合わせて
200万個の日食グラスを
販売し切りました。

この事例は、
まさに「時機」を
捉えたものでありました。

欲しいモノを
欲しいときに
欲しい人の目の前にポンとおく

コレが出来ているから、
単価2,000円ほどの商品が
短期間でまとめて販売できたのです。

結果、チャンスをモノにし、
売上40億円をたたき出したのです。

さて。

金環日食グラスは、
とても数多く売れた、
人気商品でした。

過去に人気があった商品だった
と、いうことをふまえ、
ひとつおうかがいいたします。

あなたは今、
金環日食グラス、
欲しいですか?

「いらない」

と、思われるのでは
ないでしょうか。

yesno.jpg

なぜなら、

金環日食グラスを使う機会がないから

ですね。

つまり、

「金環日食グラスの価値は、
2012年5月21日を境に、
大きく激減してしまう」

ということです。

金環日食グラスのメーカーが、

「自分のペースで
がんばって準備してきましたが、
販売開始が2012年5月21日に
間に合いませんでした」

と、いくらうったえても、
ユーザーには関係ないのです。

「金環日食を見る日までに、
金環日食グラスが欲しい」

これがユーザーの気持ちなのです。

時とチャンスを失ってしまうと、
一銭の価値もなくなってしまう

ということですね。

ビジネスにおいては、

自分のペースで
コツコツやって、
どれだけがんばったとしても、
時を逸していまったせいで、
得られる利益はゼロ。

コレは、往々にして起こりうるのです。

ビジネスには、

「時とタイミング」

があるのです。

もし、どんな病気も、
治せてしまう治療薬が開発されたら・・・。

治療家というシゴトはなくなるでしょう。

もし、法律が変わり、
規制が厳しくなったら・・・。

今のビジネスを行うことが、
できなくなるかもしれません。

もし、IT技術が飛躍的に発展したら・・・。

自分で自分の家を設計できるようになり、
設計士というシゴトは
なくなるかもしれません。

世の中のスピードは、
想像できないくらいに速いのです。

チャンスの時期は、
思っている以上に短いのです。

だからこそ、

「自分のペースではなく、
時代の流れに合わせたペース」

が、求められるのです。

あなたは、

「自分のペースでコツコツやれば、
 いつか報われる」

そうカンチガイしてませんでしたか?

ここまで、連載でお伝えしてきた、

集客で悩む起業家の5つのカンチガイ

ちょっと振り返ってみましょう。

 

1.目指すゴール設定が間違っている

2.行うべきtodoの内容が間違っている

3.行うべきtodoの順番が間違っている

4.行うべきtodoのスピードが間違っている

5.集客方法を「わかっている」が、
  「できるようになる」トレーニングを行っていない

 

この5つです。

 

 

それぞれの対応策は、

1.目指すゴール設定が間違っている

対応策:起業当初から、月商7桁を目標に設定し、
そこから逆算して、ビジネスを行う

参考記事:

「目標月商30万円」では行き詰まる理由

2.行うべきtodoの内容が間違っている

対応策:モチベーションや、金額にまどわされず、
「欲しいモノを、欲しい時に、
 欲しい人の目の前にポンと置く」に注力する

参考記事:

精神力では集客問題は解決しない

 

3.行うべきtodoの順番が間違っている

対応策:売るモノを整える、売る場所を整える、
集客を実践する。この順番が重要

 

4.行うべきtodoのスピードが間違っている

対応策:自分のペースではなく、
世の中のスピードに合わせてビジネスを行う

 

 

ココまできました。

 

 

では、これらをどのように、
実践していけばいいのか?

来週から募集する個別相談で、
あなただけの、
ビジネスの設計図をお渡しいたします。

タイトルは、

客単価を30倍にしながら、
即日・満員御礼集客を実現した
起業家たちの「お客様の声」活用事例を大公開!

シェアマーケティングセッション

ココまでメール講座でお伝えしてきた内容を、
実践し、すでに成果を上げている起業家の事例を、
あなたに置き換えて実践できるよう、

あなただけの、
ビジネスの設計図をお渡しいたします。

1月9日(火)
20時から

募集を開始いたします。

もうしばらくお待ち下さいね。

 

bakachinbanar

メールアドレス
名前(姓)
bakachinbanar
起業家・個人事業主、必読!!!
「毎日1分間」で、
クチコミでシゴトの依頼が流れ込むシカケを構築できる、
唯一の無料メール講座です。

バイラルメイク7ステップ

メールアドレス
名前(姓)

シェアする

フォローする